So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

関電本店前年越しアクション!~高浜止めろ!大飯動かすな!廃炉だ!~ 
 関電あかんでん!包囲行動 

>>>12月31日18時スタート!>>>

>>>終了は元旦1時を予定!>>>

2017年越し!そうだ!今年も関電前にいこう!~

屋外につき、暖かい服装でお越しください!

差し入れ大歓迎!

 安倍政権は、福島原発事故の責任を取らず、原発の再稼働、輸出、高濃度汚染地域への帰還政策などを行ってきました。こんなことは許されません。
 若狭の原発に過酷事故が起これば、私たち関西に住む者も確実に被ばくします。
 「命を守るために原発を廃止に!」と、みんなで大きく言いましょう!
 国、関電は今年5月に高浜原発が再稼働。来年大飯原発34号機の再稼働を狙っています。福井県の西川知事は再稼働を容認しました。しかし、国民の60%以上は稼働に反対、滋賀県の三日月知事は「容認できる環境にない」大津市長は「再稼働には反対」とはっきりと表明しました。原発廃止の世論をさらに大きくし、運動を強める時です。
 関電前年越しアクションに「原発を廃炉にしろ!」と声を集め、2018年、再稼働を阻止し廃炉を実現していく決意を共有しあいましょう。ぜひご参加ください!

<プログラム>

☆第1部☆ 18:00~
  政府・関電への抗議声明文、コール、活動報告、
  替え歌コーナー、アピール

☆第2部☆ 19:30~
  医療問題研究会からの報告、私のメッセージ、コール、
  活動報告、関電社長への年賀状作成、沖縄連帯コーナー

☆第3部☆ 22:00~
  年越し○○、カウントダウン、 決意アピール、
  恒例の行く年来る年 活動スライドショー、まとめとコール
  ※時間等予定です

kandenmae.jpg

kanndenmaeban.jpg

平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO)関電前プロジェクト
ZENKO
関西(ブログ)  http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp/
536−0016 大阪市城東区蒲生1丁目6-21 LAGセンター気付
携帯 090-1588-6351(秋野)/ アドレス:hiyoko1735@ymobil.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

12/9 福島と共に。 放射能被曝に反対する関西集会

12/9 福島と共に。放射能被曝に反対する関西集会

◇12月9日() 13:30~16:3  参加費700円
 
エルおおさか 視聴覚室【大阪地下鉄/京阪「天満橋」下車5分】
 
【第1部】「さゆり」上映(香取直孝監督)
 
【第2部】飛田晋秀さんのお話
 
【第3部】私たちも被曝した。

放射能健診を要求しよう
~放射能被曝の実態と健康の要求 ~

放射能の健康被害がはっきり現れ始めました。
福島と関東地方に甲状腺がんの他に胎児・乳幼児の死亡やいろいろな被害が広がっています。
国、福島県や一部の学者らはこの事実を認めません。でも健康被害は隠しようがありません。
放射能被曝は福島だけではありません。福島原発事故で近畿を含む全国に放射能が拡散し、私たちも微量であっても呼吸で放射能を吸い込んできたし、今も吸い込んでいます。
この事実を知り、放射能健診を求める運動を関西でも進めましょう.

【飛田晋秀さん】
 飛田晋秀さんは福島県三春町に住み、日本中の職人の技を撮りつづけてきた写真家です。
大震災後、福島県下の警戒区域と被災した人たちを写真に記録し、全国に伝えています。
 飛田さんは訪問した被災地で住民の方の「ぜひともこの姿を伝えて欲しい」という声に背中を押され、「福島のすがた」を撮り続けています。

hida-san.jpg

syashinsyu.jpg

「さゆり」福島県飯館村・細川牧場の馬たち
horse death(400).jpg

放射能健診100万人署名運動関西
実行委員会/全交関電前プロジェクト
連絡:小山、秋野
E-
メール:nobiscum@wb4.so-net.ne.jp

 


nice!(0)  コメント(0) 

11月24日金  大飯原発再稼働反対! 30キロ自治体要請へ! 
 原発30キロ圏内自治体要請行動 

◆11月24日(金)に大飯原発30キロ圏内の自治体(京都府下)へ要請のよびかけをします◆

全交・関電前プロジェクトの秋野です。
関電は高浜3・4号機に続き、大飯原発3・4号機を来年にも再稼働させようとしています。
原発再稼働反対!原発はすべて廃炉にせよ!と自治体に訴えます。
ぜひ、みなさまご参加ください!


<位置づけ>
    1. 若狭の原発が稼働し、過酷事故が起これば、私達関西に住む者も被害を受けてしまいます。30キロ圏内の自治体には「政府に対し、再稼働に反対の表明をしてください」と要請。この行動を通じて大飯原発3号機の再稼働を止める力にしていく。
    2. 京都府は大飯原発、高浜原発の安全性について関電と協議する7市町村協議会を持ち協議会では関西電力の説明責任があるという規定をしている。この協議会が今は国側や関西電力の各自治体を説得する場になっており、自治体側が主体的に質問し納得ある説明をとことん求めていく場になっていない。
①基準地震動の再検討を規制委員会に求めよ
②使用済み核燃料の最終処分方法を追及し、説明できないのであればこれ以上の使用済み核燃料を増やすことに強く反対せよ。この2つをきちっとやることを求めてゆく
  この2つを求め「説明できないのであれば再稼働を容認してはならない」と強く説得する。7市町協議会が山田知事の
質問だけで、他の首長が全く発言していない現状を変えていくことを目指す。
3、篠山市50キロ圏の自治体の取り組みを伝え、篠山市のように安定ヨウ素剤を事前配布、放射能災害への防災ハンドブックの作成と全市民への配布を要請する。それぞれの自治体の危機管理防災担当者に学んでもらう。

大飯30キロ.jpg

◆要請自治体一覧  コース案
23日夜は、豊岡に宿泊。前日から参加される方は秋野へ連絡ください。

A班/責任 秋野(090-1588-6351)
豊岡 8:00出発   64分
綾部市 9:30~ 
※最寄り駅:綾部駅
※交渉の時間とれず、受け取りのみ
  移動 45分
舞鶴市11:15~12:00
休憩45分・移動100分 予備15分
京都市
15:30~16:30

※電車での行き方/(特急を使わない行き方/2270円) 
大阪駅6:09発 JR宝塚線・篠山口行→篠山口7:23着、
福知山線・福知山行乗り換え7:27発→福知山8:31着、
山陰本線・園部行8:55発→綾部駅 9:07着
綾部市役所まで徒歩10分。車で迎えに行きます。
※電車で参加の方は必ず連絡をください。


B班/責任 判田(090-8239-7712)
豊岡 8:00くらいに出発 90分
京丹波町10:00~11:00   ※最寄り駅:園部駅
移動30分 休憩60分
南丹市13:00~14:00
 移動60分 予備15分
京都府 15:30~
※交渉の時間とれず、受け取りのみ

※電車での行き方/(特急を使わない行き方/1320円)
大阪駅8:05発→JR京都線新快速・野洲行
→京都8:35着、嵯峨野線・園部行8:41発→9:25園部着
※参加者を車で迎えに行きます。
電車で参加の方は必ず連絡をください。
A班B班―合流  B班は要請が終わり次第、京都市役所A班と合流してまとめ→解散   

〈主催〉平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO)・関電前プロジェクト
大阪市城東区蒲生1丁目6-21  
ZENKO関西ブログhttp://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp  TEL/FAX 06-6931-0277  
携帯090-1588-6351(秋野)

nice!(0)  コメント(0) 

11・5  団結まつりにご参加ください! 
 団結まつり 

安倍政権は即時退陣!沖縄・南西諸島に基地はいらない!~東アジアの平和をみんなでつくろう!~

反原発のひろば at団結まつり
 場所:団結まつりの会場(桜之宮公園)
 時間:12:3013:30

 

 高浜原発を今すぐ止めろ!大飯原発再稼働反対!被ばく強要NO!私たちは、福島県での署名・健康調査アンケート活動、関西でも写真展を行い、被ばくの実態を発信し、福島などで被ばく反対!の声を上げる人々と連帯する取り組みを行っています。原発は稼働するだけでも放射能を出します。
 高浜原発など若狭の原発が事故を起こしたら、この大阪にも数時間で放射能が飛んできます。
 私たちの生活、子どもたちの未来を守るためにも、被ばくを許さない運動を一緒に広げましょう!
 原発NO!安倍政権NO!「反原発のひろば」で交流しましょう!ぜひご参加ください!

<プログラム>

12:3012:0 福井から 斉藤征二さん(元敦賀原発下請け労働者)のお話し、質問
12:50
13:00 福島激励訪問団報告/放射能健診署名、健康調査アンケートを取り組んで
~高浜原発今すぐ止めろ!大飯原発再稼働反対!運動の報告と方針交流会~
13:00
13:5  自治体要請、反原発議員連盟からの報告、避難者の方からの発言など 自由交流!
13:2
5~13:30行動提起 まとめ 終了  

 


nice!(0)  コメント(0) 

高浜・伊方原発、今すぐ止めろ! 大飯原発 動かすな! 
 原発30キロ圏内自治体要請行動 



1110日(金)伊方原発30キロ、1124日(金)大飯原発30キロの自治体への「原発反対要請」にぜひご参加ください!


福島原発事故から6年と8か月がたちましたが避難している人は約10万人、小児甲状腺がんは190人以上、その他の疾患も増加と放射能による健康被害は拡大を続けています。安倍政権は原発を再稼働し、原発輸出で儲けたいがために、福島原発事故をなかったことにし、放射能の高線量汚染地域への帰還政策、住宅支援の打ち切りを行っています。こんなことは許されません。


 全交・関電前プロジェクトは、4年前から、原発30キロ圏内の自治体に原発停止の要請を行ってきました。
政府は事故の際「30キロ圏は屋内退避」としていますが、本当に屋内退避で被ばくは避けられるのでしょうか?
 兵庫県篠山市(高浜原発から約50キロ)では原子力防災の検討会議で2016年には安定ヨウ素剤の住民への事前配布をおこない、今年の81日に「原子力防災ハンドブック」を全戸配布しています。ハンドブックでは、①とっとと逃げる、②心のバリア(避難を遅らせるバリア)をとる③被害を少しでも減らすことを住民に呼びかけています。篠山市長は脱原発の首長で「篠山市は原発事故が起これば被害地元であり、住民の命を守るためにハンドブックを作成した」と語っています。
 すべての自治体が篠山市に続くべきです。
高浜・伊方原発の停止を、大飯原発の稼働をやめるよう原発30キロ圏の自治体に要請を行います。
 1110日の伊方原発、24日大飯原発30キロ圏内の行動へ多くの方の参加を呼びかけます!
1110日は伊方30キロ、11日は伊方原発ゲート前座り込み~集会に参加します。単日参加も可能。


「11.10 伊方原発30キロ圏内自治体要請行動」 
※下記は前回のスケジュールです  各要請時間(約1時間を予定)
A
班 ①宇和島市9:00~ ②西予市11:00  ③八幡浜市13:00~④伊方町15:00
B
  ①伊予市  9:00~ ②内子町11:00~ ③大洲市  13:00
※上記 伊方町でA/B班合流。集合は各自治体の1Fロビーに要請時間の10分前といたします。
(車で移動につき、少し遅れる場合もあります。ご了承ください)



11月24日大飯原発30キロ圏内自治体要請は詳細わかりしだいZENKO関西ブログに掲載予定!
連絡は、秋野アドレス:hiyoko1735@ymobile.ne.jp
 まで。




nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -