So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

2017-08-21 伊方原発30キロ自治体要請にご参加ください! 
 原発30キロ圏内自治体要請行動 

8月21日(月)、伊方原発30キロ圏内の自治体に「伊方原発今すぐ止めろ!」との要請行動をします。ぜひご参加ください!

【今回のテーマ】
~兵庫県篠山市(高浜原発から50キロ)は原発から「とっとと逃げろ」と呼びかけている!~

 福島原発事故から6年と5か月がたちましたが避難している人は約10万人、小児甲状腺がんは190人、放射能による健康被害は拡大を続けています。安倍政権は原発を再稼働し、原発輸出をしたいがために、福島原発事故をなかったことにし、放射能の高線量汚染地域への帰還政策、住宅支援の打ち切りを行っています。こんなことは許されません。
 全交・関電前プロジェクトは、4年前から、伊方原発30キロ圏内の自治体に要請をおこなってきました。伊方原発が事故を起こせば、瀬戸内海の汚染は長期にわたる心配があり、関西に住むわたしたちも被ばくをうける「地元」として大問題だと考えています。

 政府は事故の際「30キロ圏は屋内退避」としていますが、本当に屋内退避で被ばくは避けられるのでしょうか?
 兵庫県篠山市(高浜原発から約50キロ)では原子力防災の検討会議を5回開き、2016年には安定ヨウ素剤の住民への事前配布をおこない、今年の81日に「原子力災害対策ハンドブック」を全戸配布しています。ハンドブックでは①とっとと逃げる②心のバリア(避難を遅らせるバリア)をとる③被害を少しでも減らすことを住民に呼びかけています。篠山市長は、「篠山市は原発事故が起これば被害地元であり、住民の命を守るためにハンドブックを作成した」と語っています。
 すべての自治体が篠山市に続くべきです。伊方原発30キロ圏の自治体に篠山市のようなハンドブックを作ることや、過酷事故発生の源である伊方原発の停止を政府に求めるよう要請していきます。
 821日の伊方原発30キロ圏自治体への要請行動に、ぜひご参加ください!

<8.21 伊方原発30キロ圏内自治体要請行動当日スケジュール>

◎各自治体での要請時間は約1時間を予定

A
宇和島市9:45
西予市11:30
八幡浜市13:30
伊方町15:3016:00

B
内子町9:00
大洲市11:3012:00
伊予市13:00

※上記 伊方町でA/B班合流。集合は各自治体の1Fロビーに要請時間の10分前といたします。(車で移動につき、少し遅れる場合もあります。ご了承ください)

 

 IKATA201705.jpg
2016年8月12日、伊方原発再稼働の日再稼働を今すぐやめろ!と訴えた。

IKATA201705-NEWS.jpg
2017年5月22日 伊方町役場をはじめ、自治体に要請書を手渡し、伊方原発停止要請。


nice!(1)  コメント(0) 

7.28 ワンデーアクション 報告 その1  
 ワンデーアクション ZENKO 

7.28ワンデーアクション 無事終わりました。
原発再稼働を次々に行う安倍政権の横暴は許されない!
原発はベースロード電源、自社の利益のためと、福島を顧みない電力会社に「原発再稼働をとめろ」と4つの電力会社 四電、九電、東電、関電に要請をしました。
今回は4年前から続けている伊方原発30キロ圏内自治体要請に参加されている方たちも参加してくれました。「子どもが安心して走り回れる生活環境を残したい。四国電力にひるむことなく原発反対をつきつけていく」というKさんの言葉は力強かったです。
九電は、原発稼働で海への温排水のために生態系が破壊されるとの指摘に「あまり影響はない」とのひどい回答。
東電では屋外、参加者約40人で担当者を取り囲んだ。「福島事故から学べば原発は動かせないはず、事故の原因を究明し廃炉へ専念しろ」「第2原発が1日1回ベントの状態とは?」などと要請、質問を読み上げ渡しました。東電からは必ず、回答をするという言葉がでました。コールも響き渡りました。
関電は部屋の内外に4人もたてて警戒する物々しさと不遜な態度に怒りがこみあげましたが、相手に対峙することでさらにこれからも、原発を止めていく闘いへの決意を強めた1日となりました。


1112017.7.28ワンデーアクション 電力会社.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

7月30日(日)ZENKO 第4分科会にぜひお越しください! 
 ZENKO 分科会 

2017 ZENKO in東京・第4分科会のご案内

福島とともに、放射能被曝と

再稼動に反対する

30() 会場:シアター1010・視聴覚室(東京「北千住」駅4番出口直結)

 

 

【第一部】 9:3012:30  低線量被曝に反対する運動の交流と方針討議

・福島の報告 :佐藤八郎さん、福島の参加者

・アンケート報告:「福島駅で200人に訊きました」

・「放射能被ばく反対」と声を上げた

「ガマ人間」福島市公演:月桃の花歌舞団

・各地の裁判、再稼動反対、避難者支援の運動から 

 

【第二部】 13:0014:30 健康被害の実態

・お話:香取直孝さん(依頼中)

映画監督、千葉県松戸市)          

・報告:今も続く放射能放出について。 

 

 この分科会の目的は、福島とともに放射能の健康被害を国に認めさせ、健康診断と医療補償、損害賠償、原発再稼動を

止める運動の方針を討議・交流することです。

 原発再稼動と輸出を強行する安倍内閣にとって、放射能の健康被害を暴かれることは最大の弱みです。

福島や関東では もう健康被害が表面化。そしてこれを可視化し、声を上げる

新たな運動が飯館村や各地で始まっています。

 私たちも昨年から福島駅前などで署名&アンケートで300人以上の方々と対話し、

ミュージカル「ガマ人間」公演を福島県内で 成功させ、放射能の不安と健康の要求が県民の中に強く

存在する事を確信しました。

 

今年のZENKO分科会は放射能被害を暴き、安倍内閣の原発政策に対して攻勢に転じる

見通し・確信を作り出す討議を目指します。ぜひご参加ください。

 
     佐藤八郎さん】

元飯舘村会議員。昨年の飯館村長選挙に立候補し「避難解除を白紙に戻せ」

「徹底除染・完全賠償・医療費無料化と健診の充実」を訴え、

4割を超える得票の大健闘。今は「飯館みんなの会」で活動中。

放射能健診100万人署名運動全国実行委員会/ZENKO関電前プロジェクト

「月桃の花」 歌舞団

連絡先:小山(070-5653-7886 nobiscum@wb4.so-net.ne.jp

 

 

 


2017 ZENKO in 東京 7月29、30日に参加しよう!安倍政権打倒!をすべての運動とつながり、実現しよう! 
 ZENKO集会 

ZENKO 表1,4 111.jpgZENKO 中面 111.jpg

7月29日(土)開会集会 メイン集会 サンパール荒川 
7月30日(日) 分科会 北とぴあ シアター1010
詳しくはHPをご覧下さい
 スローガン
  • 2020年改憲・共謀罪を阻止し、戦争法廃止、ジブチから自衛隊を撤退させよう!
  • オスプレイ配備撤回、沖縄・辺野古新基地建設を断念させて、全ての米軍基地撤去へ!
  • 平和な島に基地はいらない、奄美・沖縄・宮古・石垣・与那国-南西諸島への自衛隊配備強化に反対しよう!
  • 放射能健康被害を明らかにし、帰還政策に反対・避難者要求の実現を 原発再稼働・輸出を阻止しよう!
  • 新自由主義路線を転換させ、軍事費を社会保障へ格差貧困をなくそう!
  • 地域の民主的変革を進め、99%の市民の社会の実現を!
  
 よびかけ

2017 ZENKO in 東京に参加しよう!

2017 ZENKO in 東京」は、2020年改憲を明言した安倍政権を倒し、平和と民主主義につらぬかれた私たち99%の市民の社会をつくりだすために開催します。

安倍政権は、国会勢力の3分の2以上の議席を背景に、立法府、政府、司法を掌握し、情報統制を行い、立憲主義も議会制民主主義も無視した無法政治を続けています。そして2020年には憲法9条を改悪し、自衛隊の海外派兵を合憲化しようとしています。改憲を実現するために2013年の特定秘密保護法、15年の戦争法、16年の盗聴法改悪に続き、今国会で「共謀罪」を参院法務委員会での審議採決を飛ばして異例の強権的なやり方で強行採決しました。「共謀罪」の対象は「テロ」組織ではなく、すべての市民です。

安倍政権は、森友・加計学園疑惑で明らかになったように国家を私物化しています。さらに1%の富裕層のために非正規化と低賃金・長時間労働、徹底した社会保障費の切り捨てで99%の市民を苦しめています。しかし、そうした不満を排外主義とマスメディアへの情報統制で安倍政権への批判に向かわないようにしています。「共謀罪」などの立法化を急いでいるのは、安倍政権を批判する市民運動を萎縮させ諦めさせるためです。2020年改憲をどうしても止めなければなりません。今、憲法9条を守るすべての運動は、結集しなければなりません。

安倍政権はトランプ政権と共に、朝鮮のミサイル発射・核実験準備を口実に先制攻撃を狙っています。彼らに決定的に欠けていることは、戦争や新自由主義政策が世界の99%の市民の命と暮らしを根本から破壊するという認識です。いま必要なことは、軍事挑発ではなく平和的解決です。沖縄島・南西諸島への米軍新基地建設や自衛隊基地配備を阻止するために、多くの市民が立ち上がっています。沖縄の闘いと連帯して安倍-トランプの戦争政策を打ち砕きましょう。

6年前の福島原発事故はいまだに放射能汚染水を垂れ流し収束もしていません。安倍政権は約20万人に過酷な避難生活を強い、全国の原発を再稼働させ、原発の海外輸出も狙っています。そして5兆円もの軍拡予算、社会保障費の切り捨てと大企業優遇政策によって貧困と格差拡大は深刻な事態を迎えています。安倍政権を必ず倒さなければなりません。

ZENKOは「安倍政権の即時退陣を求める緊急署名(目標10万筆)」と、「『共謀罪』の創設に反対する緊急統一署名」に取り組んでいます。安倍政権は、マスコミ統制と共謀罪法で真実を隠し市民を分断・弾圧しようとしていますが、一人ひとりと対話し真実を語ることで地域を変革し、社会を変える大きな力をつくり出すことができます。

国内外からすべての闘いを持ち寄り、安倍政権を倒す行動方針を討議する「2017 ZENKO in 東京」を成功させましょう。みなさんご参加下さい。

正式名称:
NO!2020年改憲・共謀罪 ・新基地 ! なくそう 戦争・原発・貧困!
倒そう安倍政権 許すな排外主義・朝鮮への武力攻撃
99%の市民の社会をつくろう!国際連帯の力で
2017 ZENKO in 東京


7月28日ワンデーアクションにぜひ参加して、安倍政権NO!の声を突きつけよう! 
 中央総行動 

ワンデー表紙50pa.jpgワンデー裏.jpg7.28 ワンデーアクセス 60.jpgワンデー電力会社 60.jpg

前の5件 | -