So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

反原発交流会(3/4)のご案内 
 反原発交流会 

 寒い日が続きますが、お変わりありませんか。3月も下記の予定で引き続き「反原発交流会」を行いますのでご案内します。
 国は日立の英国原発事業に対し1兆1千億円の融資を行うと発表し、そこまでするのかと私たちを驚かせましたが、3月13日には関西電力が大飯原発3号機を再稼働させることが明らかになりました。
 他方で国や東電は「原発事故による健康被害はない」と言い続け、福島だけで小児甲状腺ガンが194人と、ますます異常多発している事態が進んでいます。そのような状況の中で、今月は福島原発事故の放射能で健康被害を負った「トモダチ作戦」の兵士らの裁判の学習を始めます。本「漂流するトモダチ」を参考に、米兵らが受けた放射能の健康被害と裁判の意義を確認します。
 また、3月には3つの原発賠償裁判で判決が出ます。既に出た判決文を読み、裁判の争点も学びたいと思います。ぜひご参加ください。

★日時 3月4日() 10時~12時

★場所 LAGセンター (大阪市城東区蒲生1-6-21)
    JR・京阪・地下鉄「京橋」から5分
  ※裏面に地図を印刷しました。

  ※場所がわからない方は小山にご連絡ください。

★内容
 ①映像で学習 「トモダチ作戦」ロナルドレーガン兵士の放射能被曝と裁判
 ②学習 原発損害賠償裁判の判決文を読む
 ③伊方自治体交渉の報告と関電大飯原発3号機再稼働に対する行動
 ④福島訪問団の企画(5月予定)について
 ⑤3月フクシマは叫ぶ写真展(大阪市城東区・クレオ大阪東)
  ほか

 

※「東日本大震災直後にレーガンに乗ってトモダチ作戦にあたった兵士らが、その 後、がんや白血病などの病気になり、アメリカで裁判を起こしています。死者も 出ています。大変な事態です。それなのに日本でもアメリカでも理解を得られな い。トモダチ作戦の時はあれだけ感謝されたのに、今では見捨てられている。日 本人もアメリカ人もないでしょう。これは人間として見過ごせないことですよ」
    (横須賀市民法律事務所の呉東(ごとう)正彦弁護士)

 

◇主催:平和と民主主義をめざす全国交歓会・関電前プロジェクト
    放射能健康診断100万人署名全国実行委員会
◇連絡先
 電 話:070-5653-7886(小山) 090-1588-6351(秋野)
 E-maile0809akino@yahoo.co.jp


nice!(0)  コメント(0) 

2018年2月26日 伊方原発30キロ圏内の自治体要請にご参加ください! 
 原発30キロ圏内自治体要請行動 

226伊方原発30キロ圏内自治体要請をおこないます。
ご一緒にいかがですか。

 関電前プロジェクトの要請行動は2013年から行っていますが、伊方原発で過酷事故があれば被害にあう関西の住民として、伊方原発の稼働を今すぐ止めるべきであるとして、地元の方たちと共同して要請し、粘り強く、福島事故の被害の実態と被害が拡大している現実を自治体当局にぶつけ説得をおこなっています。

要請項目は以下です
1.貴自治体は国と四国電力に伊方原発の2号機、3号機の廃炉を求めてください。
2.貴自治体より、規制委員会と政府に、規制委員会の新基準の基準地震動について白紙にし、地震学者を入れた審査をするように求めてください。
3.政府の福島県への20ミリシーベルトへの帰還政策に反対し、1ミリシーベルトの基準を守るように要請してください。
4.政府の避難計画の指針の見直し再検討を政府に要請してください。
①福島原発事故と同じだけの放射線が放出された最悪の事態を想定し避難計画を立てること。
UPZ圏は自宅待機としているが、自宅待機ではなく即時の避難する方針に変えること。
5.貴自治体でも安定ヨウ素剤を篠山市のように配布をしてください。
6.現在の政府の基本エネルギー政策は、原子力発電の温存計画と言わざるを得ません。原子力による発電目標を早急にゼロにして、再生エネルギーへの転換を進めるエネルギー基本政策をとるように政府に要請してください。
7.国電力に使用済み核燃料の量、保管状況、今後の処分方法について四国電力に説明を求めてください。使用済み核燃料の最終処分までの方針が示されないなら、使用済み核燃料を増やす四国電力のいかなる行為にも反対してください。


<ご連絡先>アドレス:hiyoko1735@ymobile.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

2月9日の関電本店前の交流会にご参加ください。 
 関電あかんでん!包囲行動 

29日の関電本店前 交流会 テーマ

1.大飯の揺れ算定法「不十分」地震調査委 規制委の認識疑問視
  東京新聞 130日朝刊

2.関電20174月から12月販売電力量6パーセント減顧客流出止まらず
  日経新聞 2月1日

3.九州電力 玄海3号機 16日にも燃料装荷
  NHK佐賀 2月6日

4.伊方2号機 再稼働・廃炉の判断に迷い 四電社長
  1月31日 愛媛新聞

          等を取り上げるなど情勢を踏まえる交流会にします。


nice!(0)  コメント(0) 

あれから7年・・・写真展「フクシマは叫ぶ」のご案内 
 写真展 

あれから7年・・・写真展「フクシマは叫ぶ」

日 時:
2018
317日(土)13時~19
      18日(日)10時~19
      20日(火)10時~19
      21日(水)10時~17

会 場:クレオ大阪東・ギャラリー
   (大阪市城東区鴫野(しぎの)西2-1-21

~これが明日ふるさとか…~
20113月の東日本大震災・福島原発事故から7年。本当のフクシマはどうなっているのでしょうか。フクシマは問いかけています。写真展におこしください。そして一緒に考えてください。

(20167月の双葉町)
 原発事故は放射能セシウム137を広島原爆の168倍も大気中に放出し、今も収束していません。「放射能でそんなに汚れている町に帰っても大丈夫なの」という心配があるのに、次々と帰還困難地域が解除されています。そして双葉町、大熊町、浪江町など約337平方キロにわたる広大な地域が「3.11で止まった町」のまま、帰還のめどすら立っていません。

 clock.jpg

(小児甲状腺がんエコー検査)
 チェルノブイリ原発事故ではとんでもない健康被害が出て今も対策が進められています。日本では「放射能はコントロールされている」「原発事故による健康被害はない」と言われ、福島県で100万人に12人と言われる「小児甲状腺がん」だけが調査されています。そして「がんまたはその疑い」とされる子どもが194人以上みつかり、160人が手術をしています。

 Thyroid.jpg

(判決は?原発賠償訴訟・京都原告団)
 
国策で進められる原子力発電。国や東京電力に責任はないのか。このままでいいのか。命の重みを問う何万もの人々が国会前や原発、電力会社の前、そして裁判所などで声を上げています。

けれどもメディアはあまりとりあげようとはしません。避難された人たちが「避難の権利」を求める原発賠償訴訟もその一つです。315日には京都原発賠償訴訟の判決があります。

 court.jpg

主催:平和と民主主義を目指す全国交歓会・関電前プロジェクト・放射能健康診断100万人署名全国実行委員会

共催:フクシマ・オキナワと繋がる希望のミュージカルコメディー「ガマ人間あらわる」城東区公演
2018
321日(水・休)14:00開演
会場:クレオ大阪東ホール

https://www.facebook.com/events/927103170785418

 gama.jpg

     

 

 

 


nice!(1)  コメント(0) 

反原発交流会(2/3)のご案内 
 反原発交流会 

- 2018年 第1回 反原発交流会 -

 今年最初の反原発交流会です。
 今回は改めて放射能汚染と健康被害の最新情報を学習し、今も汚染が広がり続けていることや健康被害の実態を知ること、それを社会に訴えるためのグッズをワークショップしながら作ります。3月には写真展や講演会を計画します。みんなの知恵を集めて成功させましょう。

◇ 日 時:2月3日(土)13時~16時
◇ 場 所:LAGセンター(地図は表面に)
    (JR/京阪「京橋」5分大阪市城東区蒲生1-6-21
◇ 参加費:300円
◇ 内 容:
  ①学習:最近の放射能汚染の広がり/小児甲状腺がんの最新状況
  ②ワークショップ(写真展、放射能健診署名の街宣用パネル作成)

 

◇主催:平和と民主主義をめざす全国交歓会・関電前プロジェクト
    放射能健康診断100万人署名全国実行委員会
◇連絡先
 電 話:070-5653-7886(
小山) 090-1588-6351(秋野)
 E-mail
e0809akino@yahoo.co.jp

 

無題.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -