So-net無料ブログ作成

高浜原発運転差し止めに対する、大阪高裁の不当判決はゆるさない! 
 高浜原発再稼働するな! 

抗議声明文

大阪高裁の民意を無視する決定に断固抗議する。私たちはすべての原発停止・廃炉まで闘い抜く!

 大阪高裁は、3月28日高浜原発運転禁止を命じた大津地裁決定を取り消す決定を下した。
新規制基準に適合していればそれでよい、福島原発事故の原因はあらかたわかっており、最新の知見でつくられた規制基準は合理的、深層防護における第5層の避難計画を軽視する判断は絶対に認めることができない。立証責任を原告に求める判断は、「安全性の立証責任は電力事業者にある」とした伊方原発最高裁判決さえ無視するものである。真実を照らす司法の役割を投げ捨て、政府と電力事業者に追従した判断であり激しい怒りを禁じえない。

 福島原発事故から6年、未だ福島原発事故の原因、収束のめどはたっていない。福島を中心として、10万人もの人たちが避難を強いられ、小児甲状腺がんはすでに184人と増え、周産期死亡の増加や心筋梗塞、白血病をはじめあらゆる病が増え、避難、保障、生活において、多くの人が分断され、苦しんでいる。
また政府は年間20ミリシーベルトという放射線管理区域よりはるかに高い地域への帰還政策、避難者の支援打ち切りを推し進めている。このようなことは決して許されることではない。

原発製造メーカーは、東芝だけでなく、アレバも、三菱重工も、日立も苦境に陥っている。廃炉・除染・損害賠償の費用は21.5兆円をまだまだ上回り、原発破綻のつけを市民に押しつけようとしている。
もはや原発は人類と共存できないことは明白な事実である。

地震が頻発する日本、南海トラフなど、巨大地震がせまっているいまこそ、人類の命を守る最大の防災は、原発を廃炉にすることである。

政府はすべての原発を即時停止、廃炉にし、再生可能エネルギーの拡大をすみやかに実現すべきである。

関西電力は、高浜原発を稼働せず廃炉にし、原発依存の経営から脱却し、再生可能エネルギーの拡大をするべきである。

自治体への要請行動を強め、稼働は容認できない「高浜3号機4号機を動かすな」の立場表明をおこなわせ、再稼働を許さない運動を作り出そう。
わたしたちは、裁判所の判断に一喜一憂することなく、これからも原発停止・廃炉に向けて闘い続ける。

2017年 3月28日  平和と民主主義をめざす全国交歓会 関電前プロジェクト

0328_futou.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました