So-net無料ブログ作成

8月24日は 伊方原発30キロ圏内自治体要請キャラバン!最新スケジュール! 
 原発30キロ圏内自治体要請行動 

[伊方原発を動かしてはならない!24日自治体に要請行動をします!多くの方の参加を募ります!]

平和と民主主義めざす全国交歓会の判田です。
現地から合流されます方は各庁舎の入り口で合流をお願いします。
議会請願、市への申し入れ添付します。

8月23日八幡浜写真展、8月24日伊方原発30キロ圏要請行動    
  2015年8月15日改定版   判田

◆取り組みの意義1、(情勢) 四電は2015年、年内の再稼働をめざしている。
 愛媛県知事は「今は白紙状態」「四国や周辺自治体の意見も参考にして考慮する。」という慎重姿勢を示さざるを得ない状況をつくっている。

しかし8月5日、6日と八幡浜市は説明会を強行した。市が指定した60名の有識者と市民参加は50名にとどめる。質問や意見表明できるのは有識者だけという非民主的なものだった。大城市長は「有識者からアンケートをとり、市長として八幡浜市の見解を知事に報告する。」としている。

いままでの「広く市民全体からアンケートをとり意見集約する。」という約束を反故にしている。地元同意の形式的な説明会は許されない。

2、川内原発は8月11日に再起動した。川内原発再稼働を前に、稼働反対の世論は57%と国民は「福島を繰り返してはならない。」の強い意志を示している。
規制委員会は川内原発1号機(30年を超える)の高経年化の許可申請を8月5日に許可した。昨年に30年を超え許可が必要だった手続きを、駆け込みで行った。
反原発団体が「何項目の審査をしたのか。」の質問に規制委員会の担当者が答えられないという信じがたい手続きが行われた。法も何もかもを無視する政府のやり方は戦争法と同じだ。

菅官房長官は「実際に再稼働の判断をするのは事業者だから事業者が判断する。」と政府の責任をあいまいにした。再稼働のスイッチを入れたことで安倍の支持率が急低落する圧倒的世論を作り出す必要がある。

3、7月3~5日の福島激励訪問団が現地で闘う人と交流した。「原発事故被害の深刻さ」と政府の帰還政策が人殺し政策であることを実感した。この時の取材写真を中心に「福島は叫ぶ写真展 これが明日のふるさとか・・・」を8月23日八幡浜市で八幡浜原発から子どもを守る女たちの会、原発さよなら四国ネット、全交関電前プロジェクトの共催で開催する。議員や市の危機管理課の職員、市民の方など多くの方に見ていただき、再稼働反対の世論を地元から強くしてい
きたい。

4、9月議会に向け30キロ圏自治体が中村県知事にどのような意見を集約するかが大きなポイントになる。8月24日に30キロ圏自治体に要請、9月議会での意見書採択を要請する。各自治体が「避難できない。」「再稼働反対」の声を県に伝えるよう強く要請する。八幡浜市の9月議会で「避難計画の実効性がない中での再稼働には反対」の決議をめざす。


◆行動日程
 8月21日(金) 23時半 大阪の全交事務所ひまわり出発 
 (宇佐見、判田、三浦)3人で交代で運転―車内で宿泊
8月22日 早朝 休憩、しばし睡眠
8月22日(土)  八幡浜市内チラシ宣伝 2000枚配布
八幡浜市総合福祉文化センター 写真展会場の下見と会館とのうちあわせ

◆8月23日(日)
    *朝合流の方は直接 八幡浜市総合福祉文化センターに来て下さい。
     会館の住所、電話番号 八幡浜市広瀬2丁目1-13 
 電話 0894-24-1822
8:30~10:00 写真展示、会場設営
10:00 写真展 開始~16:30まで
班をわけて市内に宣伝行動、 JR八幡浜駅 八幡浜市場などポイントを決めて

◆8月24日(月)行動予定―各市のアポイントを8月13日②とりました。前回より変
更あり。
A 班  班長 秋野恭子 090-1588-6351 車運転(宇佐見)
   伊方町 10:00-11:00   谷村さん「15分だけ」   
   西予市  11:30-12:00  
   宇和島市 14:00-   
     担当山下さんが外勤で14時にしか戻ることができない。   
    
 B 班  班長 判田明夫 090-8239-7712 車運転(判田)
車は大野さんからお借りするー23日宿泊ホテルで借り受ける
     *当日朝合流の方は  JR松山駅レンタカー前 8:30集合
    内子町 9:30-10:30   
    大洲市  11:00-12:00  
    伊予市  13:00-     
    八幡浜市 15:00-16:00
        福岡さんー 採用試験があり会議室取れないかも
  A班合流 八幡浜市市庁舎1階でまとめ      
  17:00 松山にむけ出発 
  18:00ごろ松山着ー大野さんに車返却
       大阪へ
23:30頃  大阪着
  

8.23 愛媛県 八幡浜市 福島写真展 [福島は叫ぶ 写真展 ~これが明日のふるさとか...~] 
 写真展 

写真展.jpg

日時/8月23日(日)10:00~16:30
会場/八幡浜市総合福祉文化センター2F
予讃線 八幡浜駅徒歩10分
無料


「外であそびたいべしさ」
ねえサワガニをつかまえたよ
パンツ いっちょう
田植え なんぞはどこえやら
どろだんごを ぶつけあう 福島の わらしらよ

それでいいんだよ
きょうはおかーちゃん なんも いわね

どうだいあんばいは

ああ ホンマさん おせわになってます
ゆうがたまでには 終わるんでねえべか

わざわざ 佐渡まで来て 田植え

むこうでは ドロンコ できねえもの
なんにするにしたって 測らねば なんねえ
ゲンパツ事故のあと 生まれで
外で遊ばせたこと ねえって子 いんだよ 
                            
だども そとあそび させたいべしさ
こどもも 外で あそびたいべしさ
だども 避難はさせられのさ

だから外さでかけるのさ

水むるむ 安養寺の 棚田
もち米 三せぶ 植えました
暮れには みんなで お餅つき
(2014年6月10日 関 久雄)

フレコンバッグ.jpg


福島第1原発から40キロの飯舘村 
佐藤村義は政府の避難指示解除の方針に「モルモットにされている。」     
南相馬市の小澤さん「こんな場所が安全だとされるのは許せない」と叫ぶ.  
原発事故はふるさとの喪失だ。福島の今を伝える「福島は叫ぶ 写真展」を開催します。    お気軽にお越しください。





◆8/23もんじゅ・西村怪死事件裁判原告・弁護団との報告・交流集会のお知らせ 
 デモ行進&集会 

8.23.jpg


◆もんじゅ西村裁判をともにたたかおう!◆

もんじゅ西村怪死事件真相究明を求める裁判を闘う
原告・弁護士・支援する会の方との報告・交流会を行います。

ぜひご参加ください。

◆8月23日(日) 13:30

エルおおさか南館10階(101号)(地下鉄・京阪「天満橋」徒歩3分)

資料代700円
           
<報告者>
西村とし子(原告)
大口昭彦弁護士、酒田芳人弁護士
沓沢大三(支援する会)

<内容>
原告からの報告

弁護団から裁判の現状とねらい

質疑、交流


<人の命をも顧みない原発の隠ぺい体質!>

もんじゅ西村裁判の報告・交流会が、8月2日、2015東京ZENKOで開催され今後の闘いの方針が討議されました。この裁判を関西でも広め、原発(原子力ムラ)の本質を
再認識し、反原発の闘いの柱に据えてもらうために、原告・西村トシ子さんを大阪にお呼びすることになりました。

1995年のもんじゅナトリウム漏洩事故で現場のビデオを隠ぺい・改ざんし批判にさらされた旧「動燃」(現在は日本原子力研究開発機構に改称)。この事故の内部調査に中心
的存在であった旧動燃職員の西村茂生(しげお)さんは、調査結果を公表した記者会見の直後に謎の死を遂げました。夫の死の真相を究明しようと闘ってきた妻トシ子さんは今年
2月、重要な手がかりの衣服などをいまだに返還しない警視庁中央警察署と東京都を相手取り提訴しました。今年7月1日には、西村成生さんの遺品引渡請求訴訟の第1回口頭弁
論が東京地裁で開かれました。支援者が傍聴席を埋めた弁論では、原告・被告が訴状・答弁書を陳述。

原告代理人の大口昭彦弁護士は、この裁判は遺品返還請求にとどまらず西村さんの死の真相究明を趣旨に含むことを説明しました。
 原告・西村トシ子さんの次回の意見陳述は弁論として行われ、裁判としては異例の重い価値ある取り扱いになりました。裁判長が原告意見陳述を却下しなかった理由の一つに、
傍聴者が多く簡単に済ませられる裁判ではないと思わせたことが挙げられます
 

棄民政策をとる原子力ムラと通じる!
 西村トシ子さんは訴えます。「公権力を使って人の命をないがしろにする体制をやめさせなければならない。福島原発事故でも故郷に帰れず人間性を奪われた多くの人を生み出
しながら、原発を再稼働させようとしていて恐ろしい。私たちは平和でなければならないし、権力で人生が変更させられることは許されない」と裁判への思いを語っています。こ
の裁判を心より支援し、連帯していきましょう。

共催:もんじゅ西村怪死事件の真相を究明する会/ 平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO)
お問い合わせ TEL 070-5263-3004 




国会前30時間アクション〜9時間経過! 
 戦争法廃止!沖縄新基地建設反対! 

150811_210536.jpg150811_203749.jpg150811_203654.jpg150811_203617.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

国会前、30時間連続アクション 
 戦争法廃止!沖縄新基地建設反対! 

150811_124721.jpg150811_125946.jpg150811_152508.jpg150811_164137.jpg150811_152200.jpg
戦争法案を廃案にするため、本日正午から明日の18時まで参院議員会館前で座り込みをしています。みなさん夜中でも歓迎!来てください(^_^)/。
昼には、川内原発再稼働に抗議する人たちや、派遣法・労働法制改悪に反対する人たちの行動もありました。
現在、座り込みから6時間経過。互いに知らない市民が座り込み、自らの戦争体験や国会傍聴報告を次々とアピール。思いを語り合い名刺交換し、人の繋がりが出来る場になっています。
この力が、安部政権を倒し、戦争法案を廃案にする展望です!山川
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog