So-net無料ブログ作成

高浜原発4号機の再稼働に対しての抗議声明文 
 抗議声明文 

             抗議声明文                2017.5.17

高浜原発4号機の再稼働に対し、国、関西電力に断固抗議する!

すべての原発停止・廃炉まで私たちは闘い抜く!

  5月17日本日17時、関西電力高浜原発4号機は、全国の多くの市民の反対の声を無視し再稼働した。

 福島原発事故から6年以上がたつが、未だ福島原発事故の原因、収束のめどはたっていない。福島を中心として、10万人もの人たちが避難を強いられ、小児甲状腺がんはすでに184人と増え、周産期死亡の増加や心筋梗塞、白血病をはじめあらゆる病が増え、健康被害が懸念されている。しかも年間20ミリシーベルトという放射線管理区域よりはるかに高い地域への帰還政策、避難者の支援打ち切りを推し進め、避難、保障、生活において、多くの人が分断され、苦しんでいる。
 ひとたび高浜原発が過酷事故を起こせば、数時間のうちにこの大阪にも放射能は降り注ぎ、近畿の水がめである琵琶湖は汚染され、関西一円には大きな被害が生じる。

関西電力はクレーン事故の説明も不十分、残業代未払いの発覚など、会社の資質に疑問をもたざるをえない会社である。この会社が国の調査機関や島崎元原子力規制委の「これまでの原発の耐震設計基準では熊本地震と同レベルの地震に耐えられない」「今の基準地震動は「過小評価」である。見直すべき」との指摘を無視し、再稼働を推し進めたことは言語道断である。

原発の廃炉・除染・損害賠償の費用は21.5兆円を上回り、民間のシンクタンクでは総額50兆~70兆円に上るとの試算結果もまとめられている。原発破綻のつけは市民に押しつけられようとしている。
 使用済み核燃料の問題も解決しないまま、避難計画の実効性も担保されぬまま、国と一部の企業の権益のために原発を稼働させたことは命をないがしろにした所業であり、許すことはできない。

地震が頻発する日本、南海トラフなど、巨大地震がせまっているいまこそ、人類の命を守る最大の防災は、原発を廃炉にすることである。
 政府は海外での利益のための原発輸出や、再稼働をただちにやめて、すべての原発を即時停止、廃炉にし、再生可能エネルギーの拡大へすみやかにシフトすべきである。
 関西電力は、高浜原発の稼働を今すぐ止め、廃炉し、原発依存の経営からの脱却を行うべきである。
 各地元自治体への要請を行い、「原発の稼働を止め、廃炉へ!」の立場表明をさせる運動を大きく作り出していこう。
 わたしたちは、これからも原発停止・廃炉に向けて闘い続ける。

   2017年5月17日   平和と民主主義をめざす全国交歓会  関電前プロジェクト


2017-05-22 伊方原発30キロ自治体要請にご参加ください! 
 原発30キロ圏内自治体要請行動 


5月22日(月)、伊方原発30キロ圏内の自治体に「伊方原発今すぐ止めろ!」

 との要請行動をします。ぜひご参加ください!


  位置づけ
1、
伊方原発で過酷事故があれば被害にあう関西の住民として、伊方3号機の稼働を今すぐとめろと地元の方たちと要請する。


2、元規制委員会委員長代理の島崎邦彦氏が、「これまでの原発の耐震設計基準では熊本地震と同レベルの地震に耐えられない」と基準地震動の「過小評価」を指摘、伊方原発3号機についても基準地震動の緊急な見直しが不可欠だと警告しているが、いまだ検証されていない。「検証がされるまで、伊方原発は止めるべきと自治体から、規制委員会と政府に、要請をしてください」と要請する。規制委員会の新基準による審査書案合格の白紙撤回と、地震学者を入れた審査のやり直しを求めてくださいと再度要請する。


 3、 昨年4月熊本、10月鳥取、11月宮城など地震多発、南海トラフ大地震がいつ起 きても不思議でない状況である。佐田岬の約5000名の住民は孤立し、避難はできない状況である。過去に伊方原発での重大事故を想定した防災訓練が行われても避難計画の実効性がないことは浮き彫りになっている自治体の避難計画については、原子力規制委員会の審査の対象とはなっていない。また、原子力規制委員会以外の行政機関が避難計画の実効性を審査する仕組みもない。

 昨年、田中原子力規制委員長が屋内退避は有効と自治体に説明したが、規制委員長自らが屋内退避が安全と言い切るならば、避難計画を審査の対象にすべきである。自治体から国へ、国が全面的に責任を持ち、住民を被ばくさせずに避難させることができる実効性ある避難計画・訓練を進めるべきであると要請をするようにと求めていく。


4、粘り強く福島事故の被害の実態、現在も被害が拡大している事実を自治体当局にぶつけ説得していく。
    


 


■行程  

A 班  担当/秋野   090-1588-6351

①宇和島市   9:45-10:45  危機管理課 山下課長  

②西予市    11:30-1230  危機管理課 黒田さん
③八幡浜市   14:00-15:00  総務課 カギモトさん

④伊方町    15:30-16:30(うち30分?) (早くすればそれだけ対応検討とのこと)

原子力対策会議政策推進課 谷村さん  

B 班  担当/判田   090-8239-7712

①伊予市    9:00~10:00    総務部防災安全課 新田さん

②内子町   11:00-12:00   総務課危機管理班長 亀岡さん
③大洲市   13:00~14:00  総務部危機管理課 丸山課長

八幡浜市でA班と合流

※最終、AB班で、伊方町庁舎内でまとめ報告会~解散


 


ご参加の方は、各庁舎のロビーにご集合ください。なお車の移動などの関係で少し遅れる場合もあります。ご了承ください。


<問い合わせ先>

 平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO) 関電前プロジェクト

大阪市城東区蒲生1丁目6-21  LAGセンター気付

ZENKO 関西ブログ http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp/2017-05-10-1

 秋野/携帯090-1588-6351   Eメール e0809akino@yahoo.co.jp


 



5月14日(日)13:30~15:30 反原発交流会にご参加ください。 
 反原発交流会 

[反原発交流会]
 5月14日(日)13:30~15:30 

京橋・LAGセンター2Fにご参加ください!

 

昨日、新聞に、高浜原発4号機が早ければ17日にも再稼働する。6月中旬に営業運転を始め、電気料金の値下げに踏み切る考えだと載っていました。
福島第一原発の処理にかかる費用が、総額で最大70兆円になるとの試算を民間の調査機関がまとめています。
国の1年間の予算と単純に比べると、約7割に相当するとても大きな金額です。原発事故がいったん起きれば、国民は金銭的にも重い負担を背負うことがはっきりしました。
高浜原発を動かし電力料金を下げようが、それは目先のごまかしにしかすぎません。


福島原発事故はその原因すら解明されていない状況。
使用済み核燃料をどうするのでしょう。
福島をはじめとする高濃度汚染地域での健康被害が広がっています。電気は足りています。
今すぐ原発は止めましょう。
みんなで自治体の首長に反対してくださいと電話、FAXをしましょう。

長くなりましたが、下記は、反原発を考える交流会のお知らせです。
ぜひご参加ください。

[
反原発交流会]
 5月14日(日)13:30~15:30  京橋・LAGセンター2F  JR・京阪京橋駅徒歩7分

 

内容は、
1、 映画「放射能症候群2」上映、
2、 6.11「福島と共に。放射能被曝に反対する関西集会」について
3、 6月2~4日、クレオ東「フクシマは叫ぶ」写真展 
4、 5月22日伊方原発30キロ自治体要請
などについてです。ほかにも内容は増えるかもしれません。
みんなで話し合って原発反対の運動をつくっていく場にしたいと思います。
ぜひご参加ください。

<
お問い合わせ>
放射能健診100万人署名運動関西実行委員会/全交関電前プロジェクト
連絡:小山(070-5653-7886) 秋野(090-1588-6351)


福島と共に。 放射能被曝に反対する関西集会 
 反原発 

<6月11日(日)開催、「福島と共に。 放射能被曝に反対する関西集会」のご案内>

 放射能の健康被害がはっきり現れ始めました。

 甲状腺がんの他に胎児・乳幼児の死亡やいろいろな被害が福島と関東地方に広がっています。

 国、福島県や一部の学者らはこの事実を認めず、マスコミを抑えようとします。でも健康被害は隠しようがありません。

 健康被害の実態を伝える「放射能症候群2」を上映します。放射能汚染された千葉県松戸市の映画です。また福島と周辺都県の胎児・乳児の死亡率の増加が国際的な医学誌に公表されました。これを巡り今、山下俊一氏や福島県立医大グループと論争になっています。データに基づき確認された胎児・乳児死亡率の増加と、山下氏らとの論争で明らかになった新事実を、この論文の共同著者・医療問題研究会の方に報告してもらいます。

 そして福島で、演劇を通じて放射能そして沖縄の問題を考える新たな取り組みが始まりました。私たちは昨年、福島駅前でたびたび「ガマ人間」福島市公演の宣伝と署名・アンケートを取り組み、福島市公演は大成功でした。そして今、7月の郡山市公演の準備が市民の手で進んでいます。

 放射能の健康被害の実態を知り、福島とともに原発再稼動と放射能被曝に反対する運動を関西で広げましょう。


+++++++++++++++++++++++++++++++
日 時:6月11日() 13:30~16:30

場 所:エルおおさか南館734【大阪地下鉄/京阪「天満橋」下車5分】
参加費:700円
内 容:
【第1部】「放射能症候群2」上映(50分 香取直孝監督)
【第2部】福島と周辺県の胎児・乳児死亡率の増加について
    (医療問題研究会)
     福島から報告(OFC・沖縄福島をつなぐ実行委員会)

+++++++++++++++++++++++++++++++

「ガマ人間あらわる」郡山公演を成功させよう!


 

fukushima.jpg

福島駅前で署名とアンケート


放射能健診100万人署名運動関西実行委員会/全交関電前プロジェクト
連絡:小山(070-5653-7886) 秋野(090-1588-6351)
   電子メール:nobiscum@wb4.so-net.ne.jp