So-net無料ブログ作成
検索選択
関電前〇〇時間座り込み ブログトップ
前の10件 | -

4月27日チェルノブイリから27年学習会開催 
 関電前〇〇時間座り込み 

2013年4月 27日チェルノブイリ学習会 092 (4).jpg2013年4月 27日チェルノブイリ学習会 092 (1).jpg
全交関電プロジェクトの判田です。
4月27日「チェルノブイリから27年学習会」を開催しました。
73名の参加がありました。
 写真はベラルーシ報告をしてくださった川根眞也さん
 4月17日の中央ワンディの報告をした全交の山川代表です。

 この日の学習会は3月23日から1週間ベラルーシの現地を訪問し、27年後
のチェルノブイリの放射能汚染の実態、放射能から人を守るためのベラルーシの
闘い、実際の甲状腺ガンなどの診断と治療の実践に学んでこられた内部被曝を考
える市民研究会の代表の川根眞也さんのお話をメインに学習しました。
 報告は1時間20分、質疑30分と突っ込んだお話を聞くことができました。
詳しくはぜひ川根眞也さんが編集された「ベラルーシプロジェクト」1冊700
円を購入してください。
 私が印象に残ったポイントだけを記しておきおます。
・ベラルーシの基準でいけば、東北、関東圏の広い範囲が強制退去地域、居住不
可能地域であるということです。常総生協の土壌汚染マップの報告が強烈でした。
・日本政府の実態隠しのひどさー空間線量や上空から飛行機で放射能を測定して
も意味がない
・山下俊一がベラルーシで甲状腺ガンの治療や調査にあたってきたこと。すべて
わかっていて「福島県の子どもの甲状腺ガンは原発事故と関係ない」とする卑劣さ
・子どもだけでなく健康被害はすべての年代でそして症状も広範囲におよぶこと
・ベラルーシは国家予算の2割を放射能から人々を救うために支出している。ベ
ラルーシに学ばない政府、官僚、政治家の無策を市民が突き動かさなくてはならない
ということを強く感じました。
 市民研究会HPの資料のページは充実しているのでお勧めです。

 2つ目は4月17日のワンディ中央行動の報告を受けて、放射能健康診断署名
を大きく広げるために参加者とともに討議しました。「署名をしてもらうだけで
なく集めてほしいとお願いしている。」「海外でも集めたい英語版の署名がほし
い。」「国会議員と連携してとりくんでほしい」など積極的な意見があいつぎま
した。

 会場でのカンパと、参加できないがとチケットをカンパで購入していただいた
方もおられ財政的にも黒字を計上できました。ありがとうございました。

 「ベラルーシプロジェクト」(川根眞也さんのベラルーシ報告)は市民研究会
のHPからも取り寄せることができます。

内部被ばくを考える市民研究会
http://www.radiationexposuresociety.com/
常総生協 放射能土壌汚染マップ
http://www.coop-joso.jp/radioactivity/result_soil.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

12月31日ー1月1日カウントダウン年始関電前アクション 報告その② 
 関電前〇〇時間座り込み 

明けましておめでとうございます!

2012年~2013年への「関電・あかんでん・年越しアクション」はおかげさまで無事終了しました!

たくさんの方のご参加、ありがとうございました! (USTREAM録画ありhttp://www.ustream.tv/channel/iwj-osaka1#/recorded/28157782

私は今回年越しに初めて参加しましたが、歌あり、踊りあり、関電前上映会、報告コーナーなどと盛りだくさんで、みなさん楽しみ、交流されたんじゃないかなと思いました。

そして、あらためて今年こそ、大飯原発停止、すべての原発廃炉への運動をもっと広げていこう!

みんなでがんばろう!という気持ちが新たにわきあがった2日間でした!

本年もよろしくお願いいたします! (あきはら)

報告その①へhttp://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp/2013-01-02 


☆下は写真集です☆


DSCN0903.jpgDSCN0928.jpgDSCN0947.jpgDSCN0943.jpgDSCN0950.jpgDSCN0960.jpg

12.31 コラボ.jpg
12.31モノモウス1-1.jpg12.31発電チャリ1.jpg年賀状1.jpgDSCN0954.jpg

12月31日ー1月1日カウントダウン年始関電前アクション 報告その① 
 関電前〇〇時間座り込み 

 12月31日午後3時から関電前で22時間アクションを行いました。
(USTREAM録画ありhttp://www.ustream.tv/channel/iwj-osaka1#/recorded/28157782
 2013年を原発廃炉元年にしようそして2012年度の闘いを振り返り1年間お互いに頑張ったことを共有し、決意を固めあおうという企画でした。
多くの仲間の皆さんが参加していただき90名を超える参加で成功させることができました。お節料理や、お酒、カンパなどあったかい差し入れの数々本当にありがとうございました。
 企画は盛りだくさんでしたが、その一つ一つの企画を多くの方が担ってくれたこと、司会や運営を関電前行動で出会い,関電前プロジェクトの一員になった新しい仲間が引っ張りました。
2012年の闘いの前進をそこに見ることができました。
 コンサートには月桃の花歌舞団がもりあげてくれました。自転車の発電で楽器伴奏マイクの電源を作りながら歌う「自転車発電ライブbyさっちゃんとバナナーズ」の出演の時には、かわるがわるに自転車をこいで人力エネルギーで関電を笑い飛ばしてやりました。12/31関電前カウントダウン年始アクション 184 (127).jpg
「ザ・モノモウス」というグループはイマジンや自作曲で原発のない未来の社会を作る連帯を歌い上げてくれました。
 増山麗奈さんがかけつけてくださり、[平和のピアニスト]池辺幸恵さんの生演奏をバックグラウンドに、即興で蛇の絵の中に世界で生きる人々の姿そして2013年度を明るい年にする太陽を描いてくださいました。
 またドイツでの自然エネルギーの普及と廃炉に向けた取り組みを、取材してきた写真をスライド上映しながら報告してくれました。
12/31関電前カウントダウン増山玲奈 184 (89).jpg
 恒例になったもちつきをやりました。月桃の花歌舞団のOさんがすべての段取りをつけてくれました。つきあがったもちをその場で、お雑煮や、きな粉もち、あんころモチ、お汁粉にして食べました。 
12/31関電前カウントダウンもちつき 184 (131).jpg
 2013年度を廃炉元年にしようとの思いを込めて5分前からカントダウン。経産省前でのレイバーネットの放送もスクリーンに映して、気合いをこめて「2013年を廃炉に向けて前進するぞ!関電は大飯原発をとめろ!」の大コールでカウントダウンを行いました。
 その後は映像タイム、そしてそして朝方まで交流が続きました。(わたしは早く寝かせてもらいました。Mさんは最年長ながら、おしゃべりを続け元気でした。)
 1月1日は夜中に駆けつけてくれた国境なき鍋団の差し入れを、鍋ではなくお雑煮にして腹ごしらえ。新年の書き初めと蛇の干支の絵作りに励みました。
1月1日年始アクション 蛇の干支の絵で記念写真184 (19).jpg
 これが記念写真です。
 蛇の絵の前にはくっきりと「廃炉元年」の赤い文字でわたしたちの決意を書き込みました。
 今年こそ大飯原発をとめすべての原発の廃炉に道筋をつける年にしましょう。

報告その②へhttp://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp/2013-01-02-1





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

毎金曜日行動報告 ~12月28日編~ 
 関電前〇〇時間座り込み 

あいにくの雨でしたが約40人ほどの方が集まりました。

今回の星空交流会は、

チェルノブイリ26年後の健康被害に学ぶ』

~1月8日放射線教育大阪市教委交渉に向けて~について。

まず、【NHK・ETV特集 シリーズ チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告 
第2回「ウクライナは訴える」(2012年9月23日放送)をみんなで見ました。

1.2011年4月「キエフ国際科学会議」への「ウクライナ政府報告書」(チェルノブイリ
事故から25年 未来のための安全)
 ● ウクライナ国立記録センターで管理している2,364,538人の被災者のデータをもと
にした報告
<被災者の内訳>
① 原発事故の処理作業員(317,157人)
② 原発周辺の立ち入り禁止区域からの避難民(81,442人)
③ 低線量汚染地域の住民(1531545人)
④ 1~3の人々から生まれた第2世代(319,322人)
⑤ 既に死亡した人(115,072人)
  <ウクライナにおける汚染地域の区分>
  ・立入禁止区域…強制避難地域、強制移住地域(年間被ばく線量5mSv以上)
  ・低線量汚染地域…移住勧告地域(年間被ばく線量1~5mSv)
           放射線管理地域(年間被ばく線量0.5~1mSv)

 ● 「ウクライナ政府報告書」の内容
  被災地の住民の健康は、事故直後に比べて著しく悪化している。
  ・甲状腺がんの増加
  (1986年に18才以下だった人の甲状腺がん患者数の推移)

  ・チェルノブイリ原発事故で被災した成人の甲状腺の病気…40~52%
  ・被災者の慢性疾患の増加(1988年31.5%→2008年78.5%)などをグラフを使って説明。

  ・被ばく量と水晶体異常(ウクライナ放射線医学研究センター・フェデリコ氏)
→オブルチ地区(年間被曝量1~5mSv、25年間25mSv):1000人あたり234.27人 
ボルカヤ地区(年間被曝量0.5~1mSv、25年間15mSv):1000人あたり149.29人 
  ・低線量被ばくによる白内障(国際的には250mSvが「しきい値」とされている)


 ● 因果関係を認めてこなかった国際機関(UNSCEARなど)
  ・チェルノブイリ原発事故によって引き起こされたのは、
   「小児甲状腺がん」除染作業者の「白血病」「白内障」のみ
   という見解。
  ・「ウクライナ政府報告書」を認めない論理は、「疫学的手法で証明できないことは、
科学的でなく、事実として認めることはできない」というもの。(「疫学的手法」と
は、ある集団の被曝線量と健康被害との間に統計的に有意な相関があって、初めて
証明されたとする方法のこと)個人個人の被曝線量のデータが入手できないことに
よって、どれだけ健康悪化があっても、被曝によるものとはいえないとする。
  ・ウクライナの医師達は、放射線量は異なるが、その他の点では同様な集団同士の違
いを調べることで、対抗している。
2.ウクライナの被災者をめぐる状況
 ● 経過
  1986年4月26日 チェルノブイリ原発事故
  住んでは行けない土地の基準の変更…年間100mSv(1986年)→年間30mSv→年間25mSv
→年間5mSv(1991年)
当時のソ連政府は汚染の実態を国民に知らせず、
秘密裏に被曝限度量を「生涯350mSv」に。
  1991年 チェルノブイリ法(ウクライナ「チェルノブイリ事故による放射能汚染地域
の法的扱い」「チェルノブイリ原発被災者の定義と社会的保護」)→追加放射
線量年間1mSvを越える地域に住民の移住の権利明記。被曝や汚染の程度に
より、被災者は4つのカテゴリーに分けられ、それに応じて様々な特典や補
償。(住居提供、食品購入手当、年金増額、医療補償、教育補助、サナトリウ
ム無償療養など)
  1991年12月 ソ連邦崩壊・ウクライナ独立。経済的問題で、補償完全実施は困難に。
  1992年 セシウム137汚染状況の詳細地図作成→土壌、空中、水のサンプル調査
       以降、除染活動(コロステンの場合:1992年から1997年まで4000戸の民
家に1億ドル=120億円、1戸あたり300万円)。予算がつきて除染活動中
断。
 ● 汚染検査等
  コロステン(年間1~5mSvの移住勧告地域と年間0.5~1mSvの放射線管理地域の混
在する地域)の場合:毎時0.25mSv以上は報告が必要。それ以下は問題ない数値とさ
れている。食物汚染検査…(例)自由市場の放射線量検査→商品の一部を細かくして
容器に詰めて測定機にかけ、2分ほどで線量表示。(基準:50Bq/kg)キノコ、ブルー
ベリー、コケモモ、イチゴ、鹿肉など森でとれるものは販売禁止。

3.コロステンの子どもたちの状況
 ● コロステンの位置
  チェルノブイリ原発から140km
人口65,000人
製陶、コンクリート工業など
年間0.5~5mSvの被曝量

 ● ある学校の状況
  ・8年生(13~14才クラス)18人に
   体調を質問→「時々意識を失う」
   「慢性気管支炎」「胃潰瘍」
「めまいとジストニア」「甲状腺肥大」「生まれつき心臓が悪い」など。
健康だと答えた生徒は4人だけ。
  ・学校の保健師の話…485人の生徒のうち、48.2%に甲状腺などの内分泌疾患。
   肉体的発育障害22.1%。目の障害19.2%、呼吸器障害6.7%、消化器疾患、神経疾
患5%。正規の体育の授業を受けられる生徒は全交で14人だけ。他の子は特別な軽
いメニュー。救急車を1日3回呼ぶこともある。こんな状況に気づいたのは、2000
年か2001年。甲状腺肥大、心臓疾患、免疫低下、消化器系疾患などが多い。

 ● 学校生活
  ・リハビリプログラム(生徒は1年に1度サナトリウムで療養)。非汚染地域から運ば
れた食材を使った無料給食。45分授業を低学年は10分、高学年は5分短縮(子ど
もたちが疲れやすいため)。9年生と11年生以外試験廃止(試験勉強をすると、生
徒が無理をして倒れることがあるから)。低学年には宿題も出さない。

4.福島の「いま」~年間20mSvをめぐって~
 ● 低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ」(2011年11月~12月)
   長崎大柴田義貞教授→国際機関が認めている以外の健康悪化を科学的に証明するこ
とはできない。
獨協医科大木村真三教授→ウクライナでは5mSv以下の地域でも避難の権利が与え
られている。被災地では慢性疾患が起きている(データをあげながら)。
   長崎大長瀧重信教授→「客観的に」「何が」おこったのか?→「科学的にチェルノブ
イリでどんなことが起こったのかという国際的な合意のまと
めが柴田先生のおっしゃったレベル」
  <まとめ>
   「これら(チェルノブイリ原発事故)の周辺住民について、他の様々な疾患の増加
を指摘する医師等の観察がある。しかし、UNSCEARやWHO、IAEA等国際機関におけ
る合意として、こどもを含め一般住民では、白血病等他の疾患の増加は科学的に確
認されていない。」「現在の避難指示の基準である20mSvの被ばくによる健康リスク
は、他の発がん要因によるリスクと比べても十分に低い水準である。」

5.原子力ムラの健康被害隠しと闘う1.8大阪市教委との「協議」の課題
<論点>
 ● チェルノブイリ・福島の現状をどう考えるか?→放射線教育の目的・課題は「命を
守るための教育」であるべき。

 ● 文科省「放射線副読本」の目的は何か?→被ばくを受任させること→使用しないこ
と、回収すること。

 ● 「放射線教育サポートシステム」の実態をどう考えているのか?→関西原子力懇談
会=関西電力が「放射線は怖くなく、利用価値があるもの→原発も必要」との合意を
つくろうとするもの→拒否し、中止を要求すること。

などの内容でした。

参加された方の感想から、東京から避難されてきた方は、「東京では内部被ばくが心配。なのに大阪でがれきを焼却するとはとんでもない。今日、ここに参加できてよかった。このような交流会はありがたい。みんなで大飯をとめるため、がれき焼却阻止にみんなでがんばりましょう!と話されていました。


12.28-2.JPG12.28-1.JPG







雨空の交流会ー14日斎藤征二さんのお話の復習ーやりました。 
 関電前〇〇時間座り込み 

12月21日は雨が降りはじめましたがこの日も関西電力前に集結し、抗議の声をあげました。
12月21日関電アクション 001 (5).jpg
 阪神地域の仲間たちがあったかい紅茶を準備してふるまってくれました。寒さに震えていた体を温かくしました。交流会前には多くの仲間が関西電力の社員に呼びかける形でアピールをしました。
 12月11日の関西ワンディ行動でのそれぞれの交渉の報告集も準備され配布されました。原発メーカーの三菱重工業がの報告ー前回の門前での応対から交渉団を社屋の中に入れて申し入れ書を受け取ったこと「門前での宣伝チラシ配布を大変い嫌がっていた。」と報告があり、今後「資本が嫌がる取り組みを強めよう。」とアピールがされました。関電交渉の報告ー関西電力の広報が個人的意見とはいえ「大飯の断層が動いても大飯町の住民が避難するような事故にはならない。」などと居直った。こんないってはならないことを口にするのは、関電の焦りのあらわれだ。などそれぞれの行動の特徴が語られました。11月30日の中央ワンディに初めて参加したYさんは環境省が交渉に応じないことへの怒りを語りました。
12月21日関電アクション 001.jpg
 交流会は関西電力の発電所で働いた経験のあるTさんが、14日の元原発労働者の斎藤征二さんのお話の復習という形で、実際に火力発電所で働いていた経験も交えて話をしてくれました。
 *美浜で5人の人が亡くなる大事故があったが、配管の損傷は一切事前に認識されていなかった。
 *配管がどこまで摩耗しているのかは外から見る手段はなく、音の変化で配管の異常を見つけるしかない。見つけることなど不可能だ。
 *配管には保護材が巻かれており日常では上からの音の変化をつかむことはできない。
 *発電所は「配管の森」火力発電でも同じ、配管を支えるコンクリートは高年化で砂のようにもろくなっている。
などのお話がありました。
 雨足が強まる中、約30人の人が交流会に参加しました。
 最後に関電にむかいコールを行い、予定より30分早く交流会は終わりました。
 次回28日はチェルノブイリ原発事故の被害から学ぶをテーマにやります。現在日本政府がすすめている20ミリシーベルトの基準で汚染地域に住民を帰還させることがいかにひどいことなのかを、チェルノブイリ原発事故後のロシア(当時はソ連)政府の施策と比較して明らかにします。
 ぜひご参加ください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

12月14日関電前星空交流会斎藤征二さん熱く語る。 
 関電前〇〇時間座り込み 

12月14日斎藤征二さん.JPG12月14日関電前1%の支配は許さないと全交ユースの仲間たちの歌.JPG
12/14 星空交流会は40名ほどの参加で
元原発労働者の斎藤征二さんのお話しを聞き交流しました。

1.原発内部は、配管の森だ。
 その配管の多くが天井から吊るされている状態で配管の途中でバルブやフラン
ジなどがある。
山梨県大月市の中央自動車道 「笹子トンネル」の天井板崩落事故を考えると
原発内部でも天井から吊るされている配管やバルブが落下して事故が起こる。
そしてその配管には、高温高圧の蒸気が流れていて危険だ。
配管内部では、減肉現象が起きていて配管の厚みが減っていっている。
運転中の原子炉の周りの配管に異常があれば危険だ。
またその配管を補修するのに放射線量が高い場合容易に近づけない。


2.送電線は
北海道電力が11/27室蘭市や登別市などを襲った暴風雪による停電について同日
の記者会見で、送電線に付着した雪の重みと強風による送電用鉄塔の倒壊や、
送電線の断線が主な原因だと説明した。暴風雪で道内の鉄塔が倒壊したのは40
年ぶりで、北電は「設計強度を超える力がかかったため」とみている。

このように外部電源がなくなると原子炉を冷やすことができなくなると福島第一
の事故と同じ状況になる。

このような危険な原発を今すぐ廃炉にしなければならないと力強く語っておられ
ました。

その後 全交ユースの12/1、2の東京での行動の報告と寸劇の後歌舞団の唄で途
中の雨が降って来ましたが無事終わりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

6月1日の夕方6時から8時の行動 
 関電前〇〇時間座り込み 

2012060118360000.jpg2012060118390000.jpg再稼働阻止のツイッター呼びかけ行動、続々と人が集まって声を上げています。8時にむかって、大変な人になりそうです。皆さん、来れる人は集まりましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

山川です 
 関電前〇〇時間座り込み 

120528_124537.jpg120528_124619.jpg全交・山川です。BCCで複数に送信しています。転送・拡散希望。
本日、大阪市役所前、反原発オキュパイ奮闘中。
橋下、市長は、「臨時稼動」発言を撤回せよ!臨時稼動は再稼動!関西電力株主総会に無条件に全原発廃止の提案を!、今夜、22時まで(^_^)V
山川 09085363170

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

原発廃炉への新たな出発 
 関電前〇〇時間座り込み 

2012年5月5日原発稼働ゼロの日関電前 226 (31).jpg2012年5月5日原発稼働ゼロの日関電前 226 (106).jpg5月5日泊原発が止まる。
 全国の原発が止まった!
この日、終日関電前で座り込み。稼働ゼロの勝利を祝った。
こどもの日に稼働ゼロの日を子ども達に贈れる事を心から喜び合った。
3−4月のなりふりかまわない野田政権ー原発村のグローバル資本の再稼働の動き
を止めたのは一人一人の市民の行動だ。
 午前中は鯉のぼり作り。一人一人がメッセージを書き込み関電前は一気に賑や
かに。午後は月桃の花歌舞団のかたやミュージシャンのコンサート福島のかん
しょ踊りをみんなで踊った。
 夜になり人が少し減ったが稼働ゼロへのカウントダウンを迎える1時間ぐらい
前から続々と人が集まりだした。稼働ゼロの瞬間の乾杯の時には50数名で祝杯を
あげた。
この瞬間から稼働させないで廃炉にしていく新たな闘いが始まった。
原発廃炉へこの闘いは命を守る闘いだ。
市民一人一人の行動が社会を根底から変革する99%の闘いだ。
6月27日関電株主総会にむけて自治体の長を「再稼働に反対、慎重」を表明せざ
るを得ないよう市民の声を突き上げていこう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

5月5日原発稼動ゼロの日ー子どもたちに核のない社会を関電座り込み 
 関電前〇〇時間座り込み 

5/5「日本から全原発が止まる」この日に関西電力前にて座り込みを行います。
政府、電力会社、メガバンクの再稼動の動きをわたしたちの力が押しとどめ、5
月5日ついに1基の原発も稼動しない日をむかえます。子どもたちに原発のない
放射能汚染のない、核のない世界を引き継ぐために頑張ろうという思いを持ち寄
りたいと思います。ぜひご参加ください。

基本スケジュール当日の進行で多少の変更をすることがあります。
☆午前8時集合・設営準備。→横断幕作成、こいのぼり作成。
☆午後2時〜5時「原発止めたぞ!再稼働させないぞ!」リレーライブコンサート
午後7時〜8時ライブコンサートPart
☆午後8時〜車座交流、関電ビル上映会
☆泊原発停止(午後11時の予定)まで座り込み時間延長あり。
よろしくお願いします。

◆5月6日
反原発交流会 10時から12時まで@LAGセンター
  JR京橋、京阪京橋駅より5分(城東区蒲生1丁目6−21)
・再稼動を許さない、放射能がれき受け入れ許さない方針を討議しましょう。
オキュパイ99%デモ 13:00@西梅田公園
 関電、原発メーカー、メガバンクに向けデモを行ないます。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | - 関電前〇〇時間座り込み ブログトップ