So-net無料ブログ作成
検索選択
原発を問う民衆法廷 ブログトップ

4月15日原発民衆法廷は盛況でした 
 原発を問う民衆法廷 

2012.04.15.原発民衆法廷 013.jpg スタッフの判田です。

 原発民衆法廷の中川さんから報告が届いています。以下貼り付け。

 大阪法廷は、会場満杯の全体290名を超える参加者で成功しました。IWJの
ネット中継、朝日新聞、北海道新聞の取材も行われました。東京法廷と同じく、
5時間30分の長時間にわたる法廷にもかかわらず、皆さん最後まで聴き入って
いました。

 総括陳述をした代理人の井戸謙一弁護士(志賀原発差し止め判決を書いた元金
沢地裁裁判長)は、「脱原発をは進められなければ、福島の方たちに申し訳な
い。再稼働を進める政治を止めるのは司法で、司法を動かすのは市民。日本を変
えるかどうかの正念場。」と述べました。
 松下さん、断食中に法廷のために訴えた中嶌哲演さん(ビデオ)、伊方の現状
を立地や地域破壊から訴えた近藤誠さん、福島の現実と避難の苦難を訴えた萩原
さん。そのどれもが、傍聴者のみならず判事、代理人、アミカスの心をとらえま
した。本法廷は、証言によりストレステストの嘘と若狭の地震に耐えられない原
発の姿を明らかにしました。それだけでなく、意見陳述により、原発は、地震に
よる過酷事故の招来だけでなく、「大都市消費地に対する国内植民地たる立地地
域」(中嶌哲演さん)に汚染や骨肉の争い、原発マネーによる分断と民主主義破
壊など多岐にわたる問題があることを端的に示しました。(これは、次回の大坂
法廷(6/17)で一定の憲法判断とともに、検証され決定として判断をくだされま
す。)

 今回の法廷では、判事団から、「関西電力、四国電力に再稼働及び調整運転の
禁止、国に対して再稼働決定の撤回と再稼働させないこと」など8項目にわたる
決定を下しました。(民衆法廷決定2号)

 まさに再稼働を許すか否かの局面での再稼働禁止を求める民衆法廷は、再稼働
させない確信をより一層深め、闘いの強化を呼びかけ、その世論を広げる法廷と
して大きく成功したと思います。

 代理人の一員として参加され、総括陳述をされた井戸謙一さんは、「すごく刺
激になったし、大変勉強になった。」と感想を述べられていました。また、陳述
された美浜町の松下照幸さんは、法廷の記録が欲しいと言っておられました。証
言をされた越前の山崎隆敏さんは、明日も福井市で抗議行動がある、がんばりま
しょうと言って帰られました。
 四国の近藤さんからは、3/12に愛媛商工会議所が「伊方の再稼働反対 廃炉」
を表明し、四国電力が腰を抜かした、さらに伊方町地域の匿名投票では6割が原
発反対であった、というニュースも披露されました。また、山崎隆敏さんからは
おおい町で、原発交付金を使用した事業に「地域振興にならない」として4人の
町議が反対した、こんなことははじめてということも報告されました。確実に立
地地域でも地殻変動が起きている証です。

 札幌から参加された谷百合子さんは、交流会で「この法廷に参加して、民衆法
廷のイメージが沸いた。札幌では、泊の廃炉を求める裁判はすでに行われている
ので、憲法問題を問いたい。12月8日に開催したい。」と具体的に発言されま
した。

 民衆法廷は、単なる「法廷劇」ではありません。現実の運動と連携し具体的に
運動への確信を深め後押しして行くものです。ぜひ、次回の5/20郡山法廷、6/17
大阪法廷、7/15広島法廷を連続して成功させ、原発廃炉のおおきなうねりを作り
出しましょう。

4月15日原発民衆法廷大盛況。 
 原発を問う民衆法廷 

2012年4月15日原発民衆法廷大阪公判04 (10).50%jpg.jpgスタッフの判田です。

 原発民衆法廷の中川さんから報告が届いています。以下貼り付け。

 大阪法廷は、会場満杯の全体290名を超える参加者で成功しました。IWJの
ネット中継、朝日新聞、北海道新聞の取材も行われました。東京法廷と同じく、
5時間30分の長時間にわたる法廷にもかかわらず、皆さん最後まで聴き入って
いました。

 総括陳述をした代理人の井戸謙一弁護士(志賀原発差し止め判決を書いた元金
沢地裁裁判長)は、「脱原発をは進められなければ、福島の方たちに申し訳な
い。再稼働を進める政治を止めるのは司法で、司法を動かすのは市民。日本を変
えるかどうかの正念場。」と述べました。
 松下さん、断食中に法廷のために訴えた中嶌哲演さん(ビデオ)、伊方の現状
を立地や地域破壊から訴えた近藤誠さん、福島の現実と避難の苦難を訴えた萩原
さん。そのどれもが、傍聴者のみならず判事、代理人、アミカスの心をとらえま
した。本法廷は、証言によりストレステストの嘘と若狭の地震に耐えられない原
発の姿を明らかにしました。それだけでなく、意見陳述により、原発は、地震に
よる過酷事故の招来だけでなく、「大都市消費地に対する国内植民地たる立地地
域」(中嶌哲演さん)に汚染や骨肉の争い、原発マネーによる分断と民主主義破
壊など多岐にわたる問題があることを端的に示しました。(これは、次回の大坂
法廷(6/17)で一定の憲法判断とともに、検証され決定として判断をくだされま
す。)

 今回の法廷では、判事団から、「関西電力、四国電力に再稼働及び調整運転の
禁止、国に対して再稼働決定の撤回と再稼働させないこと」など8項目にわたる
決定を下しました。(民衆法廷決定2号)

 まさに再稼働を許すか否かの局面での再稼働禁止を求める民衆法廷は、再稼働
させない確信をより一層深め、闘いの強化を呼びかけ、その世論を広げる法廷と
して大きく成功したと思います。

 代理人の一員として参加され、総括陳述をされた井戸謙一さんは、「すごく刺
激になったし、大変勉強になった。」と感想を述べられていました。また、陳述
された美浜町の松下照幸さんは、法廷の記録が欲しいと言っておられました。証
言をされた越前の山崎隆敏さんは、明日も福井市で抗議行動がある、がんばりま
しょうと言って帰られました。
 四国の近藤さんからは、3/12に愛媛商工会議所が「伊方の再稼働反対 廃炉」
を表明し、四国電力が腰を抜かした、さらに伊方町地域の匿名投票では6割が原
発反対であった、というニュースも披露されました。また、山崎隆敏さんからは
おおい町で、原発交付金を使用した事業に「地域振興にならない」として4人の
町議が反対した、こんなことははじめてということも報告されました。確実に立
地地域でも地殻変動が起きている証です。

 札幌から参加された谷百合子さんは、交流会で「この法廷に参加して、民衆法
廷のイメージが沸いた。札幌では、泊の廃炉を求める裁判はすでに行われている
ので、憲法問題を問いたい。12月8日に開催したい。」と具体的に発言されま
した。

 民衆法廷は、単なる「法廷劇」ではありません。現実の運動と連携し具体的に
運動への確信を深め後押しして行くものです。ぜひ、次回の5/20郡山法廷、6/17
大阪法廷、7/15広島法廷を連続して成功させ、原発廃炉のおおきなうねりを作り
出しましょう。

4月15日原発民衆法廷大阪公判にご参加を。 
 原発を問う民衆法廷 

2月25日原発民衆法廷東京公判.jpg政府がなりふりかまわず大飯原発の再稼働に走ろうとしている今、関電・四電
・政府関係者を被告に、若狭と伊方の原発再稼働の犯罪を問う市民の法廷です。

原発は犯罪だ!
4/15(日)原発を問う民衆法廷・大阪法廷
http://genpatsu-houtei2.main.jp/

<呼びかけ>
 4月15日に、原発再稼働は犯罪だ!と訴えて、原発を問う民衆法廷・大阪法廷
を開催します。福島原発事故の犯罪を市民の手で裁く第1回東京法廷が2月25日
に開催されたのに続く、第2回目の民衆法廷となります。関西電力、四国電力な
どを被告として、「原発再稼働は犯罪である」と訴え、裁きます。原発全廃を願
う市民の皆様の参加を呼びかけます。

●とき:4月15日(日) 13時〜18時30分
●ところ:大阪市立城東会館(城東図書館の2階です)
  ※(注)城東区民ホールではありません。
  地下鉄「蒲生4丁目」歩5分、京阪「野江」歩5分、JR・京阪「京橋」歩20分
●参加傍聴券:1,000円(学生・無職は500円)
●主催:原発を問う民衆法廷実行委員会・関西
●問い合わせ:090-7090-6579(中川)
※賛同人を募集しています!(賛同金1口1,000円)

<陳述者>
中嶌哲演さん(ビデオ陳述・原発設置反対小浜市民の会)
 「原発稼働による周辺汚染と地域破壊について」
松下照幸さん(元美浜町議員・どんぐり倶楽部)
 「関西電力保安院の耐震偽装、反対派住民無視の原子力行政について」
近藤誠さん(伊方原発反対八西連絡協議会)
 「伊方原発の立地について」
萩原ゆきみさん(福島原発事故による避難者)
 「福島原発事故による避難者の実情について」

<証言者>「若狭の原発立地について」
山崎隆敏さん(元越前市議)
山崎久隆さん(たんぽぽ舎副代表)

写真は2月25日東京公判です。

−−−−−−−−−−−
原発を問う民衆法廷実行委員会・関西
 〒536-0016 大阪市城東区蒲生1-6-21 共同スペースひまわり気付
 TEL/FAX 06-6931-0277
−−−−−−−−−−−

3月18日原発民衆法廷の実行委員会にご参加を 
 原発を問う民衆法廷 

 原発民衆法定の関西事務局の中川です。
 3月18日関西実行委員会のお知らせです。
 4月15日の大阪法廷を宣伝するカラーチラシを配布します。3万枚印刷しま
した。チケットも準備しています。4月15日の進行の予定、申し立て内容など
を全体化します。
 2月25日の第1回公判ー東京ダイジェスト版の映像を放映します。東京電
力と日本政府の原発事故の刑事犯罪を問う東京法廷は、7人の福島現地と避難者
の方が心を揺さぶる証言をされました。歴史の証言として、そして東電と日本政
府を裁く真実の声として、とても貴重な証言がなされました。是非このダイジェ
スト版を見ることで原発民衆法廷の意義を実感していただきたいと思います。
 多くのみなさまの参加をお願いします。。

 3月18日(日) 13時〜16時
@ LAGセンター2階会議室(大阪・京橋駅下車徒歩10分)
 http://yahoo.jp/c8CBPL
 
 場所が不明な方は 中川まで(090-7090-6579)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※
中川哲也  tn001@nifty.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2月25日東京公判ー胸がつまる証言 
 原発を問う民衆法廷 

2月25日原発民衆法廷東京公判.jpg三春町〜避難した増子りかさん.jpg双葉町〜避難した亀屋幸子さん.jpg2012.2.25原発民衆法廷検事団.jpg全交のスタッフの判田です。
2月25日の原発民衆法定がユーストリームで見れます。
7人の証言者の発言が聞けます。いま私は前半の4人の証言に聞き入りました。
一つ一つが歴史の証言として記憶されねばならないものです。人間の叫びです。
今を生きる私たちが何をしなくてはいけないかをさし示す貴重なものです。
是非みんさん見てください。
原発民衆法廷・東京公判の模様は、以下で動画を見ることができます。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/4524
http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi5

原発を問う民衆法廷 ブログトップ