So-net無料ブログ作成
検索選択
2013ZENKO実行委員会 ブログトップ

6/23 放射能健康診断を求める署名集め大阪市役所前でやります♪ 一緒に集めましょう!! 
 2013ZENKO実行委員会 

6/23(日)『 希望するすべての人への放射能健康診断と医療補償の実施を求める署名集め&2013東京ZENKOへ行こうアピール』をしますのでみなさんぜひ手伝いに来てください。

・6月23日(日)16時~18時 大阪市役所前 正門南側付近にて

IMG_0444.JPG

・もちもの 署名や2013ZENKOのアピールできるグッズ
       水分補給は各自でご用意ください。
 
フクシマでは小児甲状腺がんが異常な数で多発しだしています、がこれはほんの氷山の一角であり、福島の人はもちろん、避難された方、そして関西に住む私たちも自分や家族がどれだけ被ばくしているかまったくわからない状態です。政府はいまだに原発事故による被ばくの被害を認めようとしていません。それどころか大丈夫キャンペーンをばら撒き、莫大な補償をせず、そして原発再稼動・輸出をするために、金儲けのためなら市民の命なんてどうでもいいと被ばく隠しを必死に行っています。
福島の方、避難された方と一緒に声をあげるためにぜひ一緒に署名を集めましょう。

手伝ってもいいよ、という方は
2013ZENKO関西事務局 090・8162・3004(川島)まで。

署名に関する詳しいことは・・http://hinan.jimdo.com/医療署名/

★7/27~28は、行こう!2013東京ZENKOへ
「カネより命!99%が手をむすび世界を変える」2013東京ZENKO
詳しくは  http://2013zenko.digi2.jp/



新自由主義改憲を止めよう!2013全交★成功させるつどい 
 2013ZENKO実行委員会 

2013東京ZENKOまではや一ヶ月。ZENKO本大会前、最後の集会となります。今年のZENKOの具体的指針を決める集会となるので、ぜひお誘いの上参加してください!


【東京】6月29日(土)18:00~21:00頃
場所:大田区消費生活センター東京都大田区蒲田5-13-26
 JR蒲田駅東口から徒歩5分(大田区役所前から川崎方向に約300メートル)

大阪】6月30日(日)13:30~16:30頃
場所:都島区民センター 大阪府大阪市都島区中野町2-16-25
地下鉄長堀鶴見緑地線、JR環状線「京橋」下車 徒歩10分
JR環状線「桜ノ宮」・東西線「大阪城北詰」下車 徒歩10分
地下鉄谷町線「都島」下車 徒歩15分


資料代:一般500円/失業者・障がい者・学生300円


プログラム
1)基調講演
「96条改正の意味・そのあとに控える改憲の危険性とは」(予定)
2)13全交へ行こう!
内容紹介、原発廃炉!社会を変える展望とは、ほか発言や映像で構成

詳細:

7月参院選を前にして安倍・橋下維新は、侵略戦争・歴史認識をめぐり国内、アジアアメリカ等から批判の集中砲火を浴びています。世論調査では、内閣支持率68%から60%、維新11%から3%と支持を急落という状況です。

最も危険な新自由主義勢力の安倍・橋下だからこそ掲げている侵略戦争肯定や原発再稼働、96条改憲政策ですが、世論調査ではそのすべてで「反対」が「賛成」をうわまわり、再稼働は自民支持層からすら支持されません。株価乱高下・長期金利上昇とアベノミクスの化けの皮もはがれ、新自由主義の破たんは日々明らかになってきています。

6月の憲法集会では、安倍のもくろむ改憲の危険性について深く学び、原発廃炉の取り組み、首切り自由阻止の共闘拡大はじめ、あらゆる民衆の運動の力が新自由主義を追い込んでいることを報告から確認し合い、社会を変える展望が直接民主主義の運動の中にあることを見ていきたいと思います。

5/26(日)福島県飯館村から牧場主・細川徳栄さんを囲むつどい 開催 
 2013ZENKO実行委員会 

「『馬を見捨てられない』福島県飯館村から 牧場主・細川徳栄さんを囲むつどい」
日時:5月26日(日) 14:00〜 集合場所/時間:JR京橋駅北口改札前の宝くじ売り場横13:40~13:50
場所:LAGセンター(JR・京阪・地下鉄京橋駅より徒歩10分) 原発事故の放射能汚染のため、大部分が居住制限区域となった福島県飯舘村。 祖父の代から家畜商を営んできた細川徳栄さんは、「馬は家族同然。殺処分なんてできない」とひとり村に残り、馬の世話を続ける。 次々に死んでいく馬の検査を保健所に依頼しても『死因不明』と被ばくとの関係を認められない。 毎時2.4マイクロシーベルトといまだ放射線量の高い飯館村への帰還を推進する行政に「この国は狂っている、ここはもう生き物が住めるとこじゃない。」と憤りを語る。 12.jpg 総被ばく社会の今、私たち自身がフクシマに暮らす人々と共にどう生きていくのか、細川さんのお話を通して一緒に考え、交流しましょう。 ↑ 5月3日金曜日星空交流会でも、この細川牧場の現状がzenkoから現地入りした若者たちによって語られた。 「この国は狂っている」細川さんの叫びは今の日本を表している。 細川さんのつらい選択、こころの思いをみんなで聞こう! そして、この現実をしっかり受け止め、こんな政府を社会をかえていくために、みんなでつながろう! 参加費...一般800円、失業者、避難者500円 主催:“カネより命!99%が手をむすび世界を変える” 2013東京ZENKO実行委員会 問い合わせ:TEL 03-5284-4970 E-mail:2013zenko★gmail.com Webサイト:http://2013zenko.digi2.jp/

5月3日(金)(祝)19:30〜21:00「飯館村に訪問しての報告会」開催!! 
 2013ZENKO実行委員会 

日時:5月3日(金)(祝)19:30〜21:00(予定)写真1のコピー.jpg 場所:関西電力本社前(正門のあたり) 内容: 飯館村行った全体報告 参加したメンバーの感想レポート 質疑・交流 最後に関電に抗議コール 今後のZENKOの取り組み案内  ZENKO関西事務局長の米澤です。先日、僕と実行委員長の磯川が福島県の飯館村へ訪問しました。村は静けさに包まれていてほとんど人はいませんでした。現地の細川牧場では馬の亡骸が横たわっており悲惨な光景でした。立ち入り禁止区域である浪江町へ入る境界線の線量は7.34マイクロSvとカウンターは高線量を示していました。  原発事故はそこに住む人たちの人生を奪いました。憤りがあります。その憤りをみなさんに報告したいです。  現地の状況や思いをみんなで共有することで、現地と結びつき、ここ関西で僕たちが何をすべきなのかを一緒に考えませんか?お時間のある方、ぜひ参加して、報告をして意見をかわしてください。  当日は現地で撮影した写真や映像を交え、なるべくわかりやすく報告したいと思っています。

4月28日(日)15:00〜17:30 原発・放射能被害から命を救う内部被ばく学習のつどいを開催! 
 2013ZENKO実行委員会 

ZENKO実行委員会が内部被ばく学習会をおこないます。是非、お越し下さい!一緒に学び、行動し、つながりあっていきましょう!


日 時:4月28日(日)15:00〜17:30
場 所:LAGセンター(大阪市城東区蒲生一丁目6-21) LAGセンター地図.png 問い合わせ:TEL:090-6203-1479 Mail:2013zenko@gmail.com
主 催:カネより命だ!99%が手をむすび世界を変える 2013ZENKO実行委員会
参加費:一般  500円
    非正規職・学生 300円

    避難者 無料
講 師:入江紀夫医師(医療問題研究会・小児科・神経内科医師)
〈講師プロフィール〉

 大阪小児学会で「劣化ウラン弾による健康被害」を報告し、体内被曝の危険性を明らかにしてきた。医療問題研究会のメンバーとして、一昨年11月に発刊された『低線量被曝・内部被曝の危険性-その医学的根拠-』の執筆者の一人。「子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク」の一人。関西地域に避難している子どもたちの健康相談にも関わっている。



概 要:

 2011年3月の原発事故によって数日で大量の放射性物質がばらまかれ、情報隠しによる多くの福島県民の初期被曝、国内広範囲にわたる長期の低線量被曝の環境が作りだされました。

 事故後2年がたつ今も福島第一原発からは毎時1000万ベクレルの放射性物質が放出され続ける中、事故前の公衆の被曝限度(年間1ミリSV)は捨て去られたまま、年間20ミリSVまでの地域が避難指示解除準備区域とされ、汚染地から人々を動かすまいとする圧力、ガレキ受入れなどによって各地に汚染を広げ見えなくしてしまおうとする圧力がかけられています。今年2月、2011年度の福島県の検診で甲状腺がんと診断された子が2人(昨年に判明した一人と合わせて3人)、細胞針(針を刺して腫瘍の一部を採る検査)でがんと考えられる子が7人と発表され、計10人が甲状腺がんという深刻な健康被害が明らかになっています。関西でも食べ物に含まれる放射性物質や汚染ガレキなど他人事ではありません。

 今回の集会では関西でもこの健康被害を軽視せず、福島とつながり、共に考えていく為、学習会をもうけます。

 講師として、原発による健康被害について問題解決に取り組む「医療問題研究会」に所属し、関西地域に避難してきた子どもたちの健康相談にも関わっている小児科医の入江紀夫さんをお招きし、内部被ばくの恐ろしさや命の大切さ、また関西に住む私たちのこの問題に対する姿勢を語っていただきます。


2013ZENKO実行委員会 ブログトップ