So-net無料ブログ作成
検索選択
高浜原発再稼働するな! ブログトップ
前の5件 | -

高浜原発再稼働NO! 電力自由化で! ~「脱原発への電力自由化」の学習会の案内~ 
 高浜原発再稼働するな! 

今月にも、関西電力の原発再稼働!?

その前に、新電力に替えないと…。

◆去年の原発の稼働は、司法で止めたが…。
 今回の稼働の大ピンチは、みんなが電力を選択できる「電力自由化」で止めよう!!
 再エネ電力を育てるチャンスに変えよう!!

◆脱原発でない方も、電気代のリスクも…。
 本来、原発事故の処理コストは、関電など原発を持つ電力会社が、その利用者に電気料金として負担しておくべきだったが、今回の福島の原発事故は「今まで原発の電気を利用したすべての人に負担。」として2020年から40年間、新電力も含めすべての電力会社にその負担をさせる方向です。
 このことから現在、関電などの原発を持つ電力会社の電気料金には「将来の原発事故の処理コスト」が含まれています。しかし実は、福島の原発事故の処理コストに充てられています。
 関電の高浜原発が稼働し事故があった場合、誰がその処理コストを負担するのでしょうか?

◆稼働前に新電力に『電話一本』簡単に…。
 だれでもできる原発ゼロへの新電力選びは、まずパソコン等でその会社の「電源構成」を調べ、自社の発電所だけで100%近く調達をしている新電力を選んで下さい。
 それは、原発の電気が入り込む余地が少ないからです。
 例えば、大阪ガス(93LNG火力・7%再エネ)
[電話]0120-000-555
 http://home.osakagas.co.jp/electricity/

★詳しくは、428()1920時「脱原発への電力自由化」の学習会を、関電本社前(最寄り駅京阪渡辺橋駅)で行いますので、是非お越し下さい。

「命より金」の電力は、解約だ

 6年前まで、私たちは 原発の安全を信じ込まされていました。
 福島をはじめ東日本の被害を経験し、戦争と共に2度と起こしてはいけません。
 しかし、国と原発事業者は、デマカセの安全基準で再び私たちを、信じ込ませようとしています。
 もう騙されない、去年から始まった「電力自由化」で、このような原発の電気とは、一刻も早く、手を切り私たちの未来に渡せる電力を育てましょう。

主催:平和と民主主義をめざす全国交歓会
   関電前プロジェクト
   大阪市城東区蒲生1丁目6
   連絡先:安井(070-5308-7277)

 


高浜原発、再稼働ヤメロ! 4. 20京都府要請へ行こう! 
 高浜原発再稼働するな! 

­

規制委員会に高浜原発の審査書案合格の白紙撤回を要求してください。

関西電力に高浜原発を稼働しないよう求めてください。

高浜原発の再稼働に京都府として、反対の表明をしてください。

<呼びかけ>

京都府知事に「高浜原発再稼働に反対の表明を!」と訴えよう!

3月28日、大阪高裁で不当判決が出ました。高浜原発は昨年3月、稼働している原発としては初めての運転差止め決定で停止していました。

しかし大阪高裁は、新規制基準の下では、原発は重大事故を起こりえない、避難計画などの原子力災害対策を規制対象にしていないのは妥当とし、第5層の避難計画を軽視した判断。また、立証責任を原告に求める判断は、「安全性の立証責任は電力事業者にある」とした伊方原発最高裁判決さえ無視するものであり、真実に基づいて判断する司法の役割を投げ捨て、政府と電力事業者に追従した判断であり許しがたいことです。

まさに安倍政権が原発を稼働させ、輸出してもうけたいがための国策、それに追随した司法の姿勢は酷いもので、言語道断です。

 4月20日、高浜原発から30キロ圏内にある自治体を集めて行う「高浜原発に係る7市町協議会」を統括する京都府へ「高浜原発を再稼働させず、今すぐ廃炉にと訴えてください」と要請を行います。ぜひご参加ください!­

<時間と場所>

4月20日(木)14:00~14:30

京都府庁1号館 6F 府民生活部 原子力防災

(集合:京都府庁1号館 1F 13:45)

 チラシ
4.20 京都府庁要請.jpg


高浜原発運転差し止めに対する、大阪高裁の不当判決はゆるさない! 
 高浜原発再稼働するな! 

抗議声明文

大阪高裁の民意を無視する決定に断固抗議する。私たちはすべての原発停止・廃炉まで闘い抜く!

 大阪高裁は、3月28日高浜原発運転禁止を命じた大津地裁決定を取り消す決定を下した。
新規制基準に適合していればそれでよい、福島原発事故の原因はあらかたわかっており、最新の知見でつくられた規制基準は合理的、深層防護における第5層の避難計画を軽視する判断は絶対に認めることができない。立証責任を原告に求める判断は、「安全性の立証責任は電力事業者にある」とした伊方原発最高裁判決さえ無視するものである。真実を照らす司法の役割を投げ捨て、政府と電力事業者に追従した判断であり激しい怒りを禁じえない。

 福島原発事故から6年、未だ福島原発事故の原因、収束のめどはたっていない。福島を中心として、10万人もの人たちが避難を強いられ、小児甲状腺がんはすでに184人と増え、周産期死亡の増加や心筋梗塞、白血病をはじめあらゆる病が増え、避難、保障、生活において、多くの人が分断され、苦しんでいる。
また政府は年間20ミリシーベルトという放射線管理区域よりはるかに高い地域への帰還政策、避難者の支援打ち切りを推し進めている。このようなことは決して許されることではない。

原発製造メーカーは、東芝だけでなく、アレバも、三菱重工も、日立も苦境に陥っている。廃炉・除染・損害賠償の費用は21.5兆円をまだまだ上回り、原発破綻のつけを市民に押しつけようとしている。
もはや原発は人類と共存できないことは明白な事実である。

地震が頻発する日本、南海トラフなど、巨大地震がせまっているいまこそ、人類の命を守る最大の防災は、原発を廃炉にすることである。

政府はすべての原発を即時停止、廃炉にし、再生可能エネルギーの拡大をすみやかに実現すべきである。

関西電力は、高浜原発を稼働せず廃炉にし、原発依存の経営から脱却し、再生可能エネルギーの拡大をするべきである。

自治体への要請行動を強め、稼働は容認できない「高浜3号機4号機を動かすな」の立場表明をおこなわせ、再稼働を許さない運動を作り出そう。
わたしたちは、裁判所の判断に一喜一憂することなく、これからも原発停止・廃炉に向けて闘い続ける。

2017年 3月28日  平和と民主主義をめざす全国交歓会 関電前プロジェクト

0328_futou.jpg

3月28日 15:00 高浜原発抗告審判決 18:30 関西電力前行動へ 
 高浜原発再稼働するな! 

3月28日 高浜原発の抗告審判決がでます。ZENKO・関電前プロジェクトは大阪高裁と、
18:30から関西電力本店前にて、緊急行動を行います!ぜひご参加ください。
※下記は、裁判所での行動です。

福井原発訴訟(滋賀)支援サイトより>
裁判所より、3月28日(火)15時交付との連絡が入りました。14:45より、横断幕を持って入場行進予定です。16時半以降大阪弁護士会館202号室(下記地図参照)にて、記者会見、その後報告集会を予定しています.

なお、下記のとおり集合、行進、記者会見、報告集会を行う予定になりましたのでお知らせいたします。
今後ともご支援ご協力をどうかよろしくお願いいたします。

3月28日(火)
14:30  大阪高裁 別館1階玄関ロビー集合
※他の裁判所利用者の妨げにならないようご注意ください。
14:45  裁判所南側歩道を行進
15:00  決定交付・弁護団読み込み
16:30(予定) 大阪弁護士会にて記者会見(202号室)
17:30(予定) 同室にて報告集会

※場合により、時間がずれ込む可能性があります。


福井新聞 2017年3月27日午後1時46分

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/118041.html

関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた昨年3月の大津地裁の仮処分決定を不服とし、関電が申し立てた抗告を認めるかどうかの決定を、28日午後3時に出すことを決めた。関電側と住民側弁護団へ27日に通知した。原子力規制委員会の新規制基準や関電の繰り返し地震・津波対策、各自治体の避難計画の妥当性などが争点で、抗告を認めた場合は2基が再び法的に稼働できる状態となる。一方、退けた場合は最高裁で決定が覆るか、本訴で運転を認める判決が確定しない限り、再稼働できない状態が続く。

 決定に不服がある場合は、憲法違反や憲法解釈の誤りなどを理由にした「特別抗告」か、重要な判例違反などを理由にした「許可抗告」を、5日以内に最高裁に申し立てることができる。

 抗告審で住民側は、関電が設定した基準地震動(原発の耐震設計の目安となる地震の揺れ)では安全性を確保できないと主張。2016年4月に発生した熊本地震を教訓に、基準地震動に相当する揺れが連続して2度襲う事態を想定するべきだとしている。

 また、住民側は各自治体が策定する避難計画は、確立された国際基準にのっとっていないと主張。昨年8月27日に高浜町などで行われた高浜原発の過酷事故を想定した防災訓練で、ヘリコプター、船舶が悪天候で参加できなかった点などを挙げ、実効性・合理性がないとしている。

 一方関電側は、地質の詳細な調査などを基に基準地震動を策定していると反論。重要設備は全て耐震安全性に十分な余裕があるとし、繰り返し地震についても複数回の基準地震動に耐えられると主張している。

 各自治体の避難計画については、国の積極的な支援の下、東京電力福島第1原発事故の経験を踏まえるなど、実効的・合理的な内容だと反論。避難計画を含む高浜地域の緊急時対応は、国の原子力防災会議で具体的かつ合理的と確認、了承されているとしている。

 2基は原子力規制委員会の新規制基準に合格していたが、大津地裁の仮処分では新基準について「関電の説明程度では公共の安心、安全の基礎と考えるのはためらわざるを得ない」と指摘した。

 抗告審では昨年12月までに関電は千ページ超、住民側は400ページ超の書面を大阪高裁に提出した。

3月28日 大阪高裁で高浜原発の抗告に対する決定が出されます。 
 高浜原発再稼働するな! 


wst1612260065-p1.jpg

高浜原発抗告審、28日決定  

大阪高裁は21日、関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた昨年3月の大津地裁の仮処分決定を巡り、関電が申し立てた抗告に対する決定を今月28日に出すことを決め、関係者に通知した。

 仮処分は福井県に隣接する滋賀県の住民が2015年1月に申し立てた。大津地裁は昨年3月9日、東京電力福島第1原発事故後の原子力規制委員会の新基準や関電の安全対策などに疑問を示し、運転禁止の決定を出した。その後2基は止まっている状態が続いている。

なお、時間は前日にわかるとのことです。


前の5件 | - 高浜原発再稼働するな! ブログトップ