So-net無料ブログ作成
反原発交流会 ブログトップ
前の5件 | -

反原発交流会(6/23)のご案内 
 反原発交流会 

私たちの代表が5月3日~6日に韓国を訪問し、韓国の反原発・反基地運動を学んできました。韓国では原発周辺の放射能(トリチウム)汚染や甲状腺がんを告発し、裁判で原発周辺の甲状腺がんとの因果関係を認めさせる判決が出ました。今も200人以上の原告が立ち上がっています。イラク平和テレビ局の交流報告映像と判決文、放射能被害を認めさせる韓国の運動を学習します。
また7月28~29日のZENKO大阪大会で、放射能被害を可視化・社会化し原発の再稼働に反対するための分科会を準備しています。「今、何をしたら良いか?」、学習と討論を100名の参加で成功させましょう。今回はその事前相談です。ぜひご参加ください。

★日時 6月23日() 10時~12

★場所 LAGセンター(大阪市城東区蒲生1621)
   JR・京阪・地下鉄「京橋」から7分(マックスバリュ京橋店北側)

★・内容
 ①韓国の放射能被害者の裁判判決の学習
 ②大阪ZENKO大会・分科会
   「福島・韓国と共に放射能被ばくと原発再稼動に反対する」に向けて

◇主催:平和と民主主義をめざす全国交歓会・関電前プロジェクト
    放射能健康診断100万人署名全国実行委員会
◇連絡先
 電 話:070-5653-7886(小山) 090-1588-6351(秋野)
 E-mailnobiscum@wb4.so-net.ne.jp

 


nice!(0)  コメント(0) 

反原発交流会(5/12)のご案内 
 反原発交流会 

暖かくなってまいりましたが、いかがお過ごしのことでしょう。
59日、多くの反対があるにもかかわらず、大飯原発4号機が48か月ぶりに再稼働されました。計器が誤作動するような状態で運転が強行されることに驚いています。平成16年の美浜発電所3号機の5名の死亡及び6名の重傷事故の教訓はどうなってしまったのでしょうか。関電の安全の誓いにも、「二度とこのような事故を起こしてはならないと固く誓い、「安全を守る。それは私の使命、我が社の使命」・・・」とありますが、何か空しく思えてきます。
さて、2018520日、反原発交流会を開催します。内容は下記のとおりです。

★日時 5月20日() 10時~12

★場所 LAGセンター(大阪市城東区蒲生1621)
   JR・京阪・地下鉄「京橋」から5分(マックスバリュ京橋店北側)

★内容
1.報告
① 201853-6日 東アジアの平和のためのZENKO日韓連帯ツアー(反原発、サード配備反対)
② 大飯原発4号機再稼働阻止行動報告
③ 5/11福島県(健康調査課・放射線監視室)の交渉の報告

2.今後の方針を話し合います
① 5.21伊方原発30キロ圏内自治体要請 実施案
② 2018 ZENKO in 大阪 方針確定
など

◇主催:平和と民主主義をめざす全国交歓会・関電前プロジェクト
    放射能健康診断100万人署名全国実行委員会
◇連絡先
 電 話:070-5653-7886(小山) 090-1588-6351(秋野)
 E-maile0809akino@yahoo.co.jp

 

 KIMG0193 (2).jpg


nice!(0)  コメント(0) 

反原発交流会(3/4)のご案内 
 反原発交流会 

 寒い日が続きますが、お変わりありませんか。3月も下記の予定で引き続き「反原発交流会」を行いますのでご案内します。
 国は日立の英国原発事業に対し1兆1千億円の融資を行うと発表し、そこまでするのかと私たちを驚かせましたが、3月13日には関西電力が大飯原発3号機を再稼働させることが明らかになりました。
 他方で国や東電は「原発事故による健康被害はない」と言い続け、福島だけで小児甲状腺ガンが194人と、ますます異常多発している事態が進んでいます。そのような状況の中で、今月は福島原発事故の放射能で健康被害を負った「トモダチ作戦」の兵士らの裁判の学習を始めます。本「漂流するトモダチ」を参考に、米兵らが受けた放射能の健康被害と裁判の意義を確認します。
 また、3月には3つの原発賠償裁判で判決が出ます。既に出た判決文を読み、裁判の争点も学びたいと思います。ぜひご参加ください。

★日時 3月4日() 10時~12時

★場所 LAGセンター (大阪市城東区蒲生1-6-21)
    JR・京阪・地下鉄「京橋」から5分
  ※裏面に地図を印刷しました。

  ※場所がわからない方は小山にご連絡ください。

★内容
 ①映像で学習 「トモダチ作戦」ロナルドレーガン兵士の放射能被曝と裁判
 ②学習 原発損害賠償裁判の判決文を読む
 ③伊方自治体交渉の報告と関電大飯原発3号機再稼働に対する行動
 ④福島訪問団の企画(5月予定)について
 ⑤3月フクシマは叫ぶ写真展(大阪市城東区・クレオ大阪東)
  ほか

 

※「東日本大震災直後にレーガンに乗ってトモダチ作戦にあたった兵士らが、その 後、がんや白血病などの病気になり、アメリカで裁判を起こしています。死者も 出ています。大変な事態です。それなのに日本でもアメリカでも理解を得られな い。トモダチ作戦の時はあれだけ感謝されたのに、今では見捨てられている。日 本人もアメリカ人もないでしょう。これは人間として見過ごせないことですよ」
    (横須賀市民法律事務所の呉東(ごとう)正彦弁護士)

 

◇主催:平和と民主主義をめざす全国交歓会・関電前プロジェクト
    放射能健康診断100万人署名全国実行委員会
◇連絡先
 電 話:070-5653-7886(小山) 090-1588-6351(秋野)
 E-maile0809akino@yahoo.co.jp


nice!(0)  コメント(0) 

反原発交流会(2/3)のご案内 
 反原発交流会 

- 2018年 第1回 反原発交流会 -

 今年最初の反原発交流会です。
 今回は改めて放射能汚染と健康被害の最新情報を学習し、今も汚染が広がり続けていることや健康被害の実態を知ること、それを社会に訴えるためのグッズをワークショップしながら作ります。3月には写真展や講演会を計画します。みんなの知恵を集めて成功させましょう。

◇ 日 時:2月3日(土)13時~16時
◇ 場 所:LAGセンター(地図は表面に)
    (JR/京阪「京橋」5分大阪市城東区蒲生1-6-21
◇ 参加費:300円
◇ 内 容:
  ①学習:最近の放射能汚染の広がり/小児甲状腺がんの最新状況
  ②ワークショップ(写真展、放射能健診署名の街宣用パネル作成)

 

◇主催:平和と民主主義をめざす全国交歓会・関電前プロジェクト
    放射能健康診断100万人署名全国実行委員会
◇連絡先
 電 話:070-5653-7886(
小山) 090-1588-6351(秋野)
 E-mail
e0809akino@yahoo.co.jp

 

無題.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

7・16 反原発交流会へお越しください! 
 反原発交流会 

 6月2~4日の「フクシマは叫ぶ」写真展や6月11日の「放射能被曝に反対する関西集会」にご参加やご協力をいただき、ありがとうございました。
 さて、2017ZENKOin東京が近づいてきました。原発再稼働の動きに象徴されるように、まるでフクシマ原発事故などなかったかのような国や電力会社の原発推進の動きをストップさせる方針の具体化が必要です。そのために分科会④「福島と共に、放射能被ばくと原発再稼働に反対する」の準備をさらにすすめるため、下記のように「福島原発事故の放射能被害を知り、福島とともに声をあげる」学習と交流会を行います。ぜひ、ご参加ください。

-7.16反原発交流会-

◎ 日 時:7月16日(日)14時~16時
◎ 場 所:LAGセンター
     (JR/京阪「京橋」から徒歩5分 大阪市城東区蒲生1-6-21)
◎ 参加費:300円

◎ 内容

①DVD「佐藤八郎」の上映。昨年、飯舘村で「避難区域解除に反対、白紙撤回」を訴え村長選挙に立った佐藤八郎さん(元村議)の活躍を紹介します。

②放射能汚染と健康被害を「可視化」する運動。健康被害や放射能汚染が想像以上に広がっています。その事実はどこまで確認され、突き止められているのか?これからの運動のテーマを考えます。

③他

 

◇主催:平和と民主主義をめざす全国交歓会・関電前プロジェクト

     放射能健康診断100万人署名全国実行委員会

◇連絡先:秋野(090-1588-6351)

map.jpg


前の5件 | - 反原発交流会 ブログトップ