So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

2019.3・11 「大震災から8年 追悼と原発反対。関電本店前集会」 報告

2019.311 「大震災から8年 追悼と原発反対。関電本店前集会」 報告

関電前プロジェクト 秋野恭子

 3月11日、関電本店前であの運命の14:46をはさんで集会を行った。「安全であるはずのない原発、私たちの命、暮らしを危険にさらす原発はただちに止めねばならない」「安倍政権の海外での原発輸出はすべて破綻しており、沖縄・辺野古新基地建設、憲法改悪でも行き詰まっている。私たちは原発再稼働反対をはじめ、すべての運動で繋がり、その力で、安倍を倒し、原発を止めていこう!」など抗議声明文を読みあげた。
14:46
に黙祷、続いて「原発が事故を起こせば、日本は終わる。直ちに原発を止めよ!」と怒りのダイインを行った。
運動で繋がった「伊方から原発をなくす会」 門田鈴枝さん、「川内原発建設反対連絡協議会」会長 鳥原良子さんからメッセージが寄せられ、連帯して闘うことを確認した。また今回要請文という形ではなく、短期間ではあったがみなさんからメッセージを集め、関電への要望書とした。宮城県出身の方などからもメッセージがFAXで届き、60枚以上のメッセージ、みんなの怒りをぶつけたメッセージを関電に手渡した。
 続いて放射性廃棄物のドラム缶の模型を背負い、今回は追悼の想いでコールなしの無言で関電の周りを歩いた。
 すれ違いざまに、手を出してチラシを受け取る方、そばに来て声をかけてくれる方もおり、関心は高かった。
 集会にはチラシを見て来たと言う初めての方もおられた。千葉や東京などからの避難者の方も参加され、高濃度の汚染地域にいたことへの怒り、政府、関電に対する怒りを語る若者も発言をした。
 また、ZENKOは沖縄と連帯して、県民投票に連帯する市民投票を行い、全国で2万票以上集めたことも報告。すわりこめここへなどを歌い、連帯行動とした。
 今回の集会は、関電に対し、自分たちの思いを込め、書いたメッセージを出す、ダイインで身を持って怒りをあらわす、練り歩きで道行く人にアピールするなど、2時間という時間の中で、参加型の集会を行うことができ、追悼と原発反対の怒りを共有化し、闘う意思を高め合う場とすることができ、中身の濃い集会となった。

 報告の最後に改めて書く

「安倍政権は原発を諦めろ!関電は今すぐ大飯・高浜止めろ!老朽原発このまま廃炉にせよ!
関電は原発経営から脱却しろ!
関電が原発を停止する日まで私たちは闘う!」

DSCN7260S.jpg

ダイイン 関電前S.jpg

練り歩き1S.jpg

DSCN7305S.jpg



nice!(1)  コメント(1) 

今週の関電前星空交流会 テーマ<大飯原発運転差止判決を出された樋口さんの講演について> 
 関電あかんでん!包囲行動 

今週、3月8日の関電前星空交流会です。
(時間:19:00~20:00、場所:関西電力本店前(関電ビル西側))
皆さま参加のほどをどうぞよろしくお願いいたします。
 連絡先:秋野(09015886351)

 内容は、223日、24日、滋賀県大津市で行われた「全国有機農業者の集い2019in琵琶湖」における、樋口英明元福井地裁裁判長の特別講演内容についてです。樋口さんは2014521日に大飯原発運転差止を命じる判決を出された方です。今回はこの樋口さんの講演について守田敏也がお話された内容です。(守田さんはこられません)
https://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/f52d70c487c17a5562960b22c1f96931

なお樋口さんは講演に先立って岩波書店の『世界』201810月号に「原発訴訟と裁判官の責任」という文章を書かれています。この日の講演もこれに沿っていたので、当日の発言の紹介を兼ねるものとしてここからの引用も行います。

● 審理の比較的早い段階で大飯原発の危険性は分かった!

樋口元裁判長が述べたのは「原発の危険性は専門的知識などなくともすぐに分かった。実にシンプルなものだった」ということでした。どういうことか。『世界』から引用します。
「本件においては、原発が強い地震によって壊れるかどうかが争われているわけではなく、原告住民が「原発敷地に強い地震が来るかもしれない」と主張しているのに対し、電力会社は「将来にわたって原発敷地には強い地震は来ない」と主張しており、基本的な争いはそこにあった。ここでは強い地震に原発は耐えられないということを前提に議論がされている。このこと自体、私には驚きであった」(同書p59)
樋口さんは「電力会社は地震の予知ができると言っていることにほかならない」がしかし「わが国で地震の予知に成功したことは一度もない」。その上、将来にわたって強い地震は来ないという「消極的地震予知」の方が難しいと指摘しています。

さらに樋口さんは、そもそもいくら何でも原発に対してはもっとましな対策がなされているだろうと考えていたと述べ、以下のように指摘されました。
「三・一一後、原発の過酷事故がいったん起これば、多くの国民の生活が奪われ、国土が広範囲に荒廃してしまうことは国民の多くが認識しており、それ故に、現在の原発は地震に対してもそれなりには丈夫に備えがなされているのだろうと思い込んでいる。私自身もこの事件を担当するまでは同じ思いであった。
しかし、過去の我が国に到来した地震の強さに照らしても、他の建造物の耐震性に照らしても、大飯原発の耐震性は脆弱そのもので、それでもかまないとする唯一の根拠が、消極的地震予知だったのである」(同書p59)
「原発の耐震性を消極的地震予知に依拠して定めることはとてつもなく危険なことで、それだけで運転を差し止める充分な理由となる」(同書p60)

かくして大飯判決運転差止判決は、訴えから一年半あまりで「確信をもって」出されたのでした。

原発は一般住宅よりも耐震性が低い

さらに樋口さんはこれまた自ら驚いたこととして、一般のハウスメーカーの耐震性より原発の耐震性がはるかに低いことをあげられました。
日本で記録された最大震度は4022ガルでハウスメーカーのうちの何社かはこの震度に耐えられる住宅をすでに建設しているのだそうです。
ところが大飯原発の設計基準は建設当初405ガル、大飯判決当時は700ガル、稼働中の現在でも856ガル。

しかもハウスメーカーの耐震性が実験を重ねた上での科学的数字であることに対し、原発は実験など何もせず、抜本的に作り直したわけでもないのに耐震性を2倍近くもあげてしまっている。根拠があまりに希薄です。
樋口さんはこう述べました。
「(こんな脆弱な)耐震性しかない建造物を建てておいて、その理由として「ここには強い地震は来ませんから」というのを聞いてどう思うだろうか。良識と理性は決してこれを許さない」(同書p61)

口さんはさらに原発の危険性は「万が一」にでも起きてはならないほど大きなものであることを踏まえつつ、しかし現にある危機はもっと切迫していることも示しました。
なぜってハウスメーカーの耐震性よりも格段に低い耐震性しか原発がもっていないためです。このため樋口さんは「巨大地震ばかりを想定していてはいけない。もっと規模の小さな地震で原発は壊れうる」ことを強調しました。
だからそれは「万が一の危険という領域をはるかに超える現実的で切迫した危険」(判決文p59)なのです。だから即刻止めなければいけないのです。

続く

https://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/2a8c305fa091be69942cf6431ac0d9be?fm=entry_awp

樋口英明さんが2月23日に大津市で行った講演の要旨をお伝えしました。続いてその後に行われた囲む会でお聞きしたことを報告します。



nice!(0)  コメント(0) 

反原発交流会(3/2)のご案内 
 反原発交流会 


この3月で福島第一原発の事故から8年が経過します。
 今月の反原発交流会は以下の通りです。


32日【土】1315
場所:LAGセンター(JR/京阪「京橋」から5分。大阪市城東区蒲生1621
内容:学習テーマ~①原発をめぐる情勢、
         ②福島原発かながわ訴訟の報告
         ③3.11関電本店前集会(14-16時)の内容づくり


皆さま参加のほどをどうぞよろしくお願いいたします。


 連絡先:小山(07056537886) 秋野(09015886351)


map.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

3.11 「大震災から8年・追悼と原発反対!」集会 
 関電あかんでん!包囲行動 

3.11 「大震災から8年・追悼と原発反対!」集会

日時:2019311日 14:0016:00
場所:関西電力本店前(肥後橋駅徒歩6分)

  東日本大震災・福島原発事故から8年がたとうとしています。しかし、原発事故は収束しておらず原子力緊急事態宣言も発令中、放射能による健康被害は増え続け、政府が真実を隠せない状況になってきています。安倍政権は原発再稼働を行い、避難者の要求はないがしろにされ、住宅支援の打ち切り、オリンピックのために原発事故はなかったかのように帰還困難区域へも、帰還政策が推し進められようとしています。今、安倍政権の推進した原発輸出はすべて破綻しました。原発の安全対策にかかる費用が膨大な金額になることがその要因の1つ、つまりそれほど原発は危ないということがここでも証明されたわけです。安倍政権の原発政策は崩壊寸前です。

 関西では原発に依存する関電が、いま稼働している原発に加え、今年の秋にも40年越えの高浜1・2号機、来年には美浜3号機の危険な老朽原発を動かそうとしていました。しかし、原子炉格納容器の安全対策工事に使っていたクレーンが倒れた事故などの影響で高浜1号機は206月ごろ、2号機は212月ごろにずれ込む見通しです。美浜3号機については使用済み核燃料プールの耐震性向上の追加工事により、202月ごろから同8月ごろに延期となる見込みですが、そもそも危険極まりない老朽原発はこのまま廃炉にすべきなのです。西川福井県知事は、使用済み核燃料を昨年末までに県外へ置く決定を条件に、関電の原発再稼働を容認しましたが、関電は年内には受け入れ場所を確定できませんでした。知事は、原発を即座に止めると宣言しなくてはならないはずです。

私たちの命を守るため、これ以上核のゴミを増やさないため、過酷事故の起こる前に原発を止めることが重要です! 3.11は関電本店前にて、みんなで大きく訴えましょう!

 

 

<当日予定>
14
46の黙祷~ダイ・インを含みます。
その他、関西電力に対しての抗議声明文、発言/避難者の方など、各地からの報告、メッセージ、ドラム缶練り歩き!、連帯の歌、コール、まとめなど

 drum.jpg

★平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO) 関電前プロジェクト★
HP  http://www.zenko-peace.com/
ZENKO
関西(ブログ) http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp/
536−0016 大阪市城東区蒲生1丁目621 LAGセンター
携帯 090-1588-6351(秋野)/ アドレス:hiyoko1735@ymobil.ne.jp
※今後の行動予定などを送ります。お気軽にメールください。

 



nice!(0)  コメント(1) 

反原発交流会(1/26)のご案内 
 反原発交流会 

 今年初めの反原発交流会です。
126日【土】1416時 
場所:LAGセンター(JR/京阪「京橋」から5分。大阪市城東区蒲生1621
内容:学習テーマ~
「昨年に明らかになった福島の健康被害」、
         
「トリチウムを大量に放出する西日本の加圧水原発」
   討論テーマ 今年の311「大震災から8年 追悼と原発反対。関電本社前集会」

 昨年は原発再稼働や避難解除がどんどん進められているように見えましたが、実は瀬戸際に追い詰められているのは原発・電力会社と安倍政権だということがはっきり現れた1年でした。原発輸出がすべて行き詰まり、東海原発は周辺自治体の反対で再稼働のメドがなく、各裁判で国や東電経営者の責任が追及され、福島では県の公表以上に甲状腺がんにかかった若者が多いことが知られました。

 今年も反原発交流会は毎月、放射能の健康被害を大きなテーマとして取り組みます。ご参加ください。

 連絡先:小山(07056537886) 秋野(09015886351)

map.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。